« 【感想:漫画】てるてる×少年 | トップページ | 【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 1巻 兄弟上陸/ あざの耕平 »

【小説:感想】召喚士マリア1 魂に堕天使を、唇に真の名を / 北沢慶

esBooks
Black Blood Brothers が見つからなかったので先にこちらを。

ここからネタバレ
■メインタイトルが「召喚士マリア」
今まではメインタイトルに主人公名はついていなかったはずなのに。
巻数をつけるのであればせめてお父様の巻数(5巻)は抜いてほしいところ。

■マリア(主人公、ツインテール、ファザコン、運動神経が良い召喚術士落ちこぼれ)
ここんちの子供はみんなファザコンなのか!

立ち位置的にはマリアちゃんは長女のはずなんですが、そういう風味があまりないところがなんともかんとも。
それともエルリクが結構実家に帰ってきていて妹を甘やかしていたんでしょうか。
あぁ、でもアルとの会話では微妙にお姉さん属性を出していたかも。

実力が伴わない、はったりかまし系はあまり好きではないんですが、そんなには嫌味な性格にはなっていないのでそのあたりは良かったかな。

あと、チュトケル家のフェロモン設定が公式になってしまって笑ったり苦笑ったり。
イエルからの遺伝であろうと勝手に確信しています。

■フレイム(黒天、美形、ホモネタ担当)
「あぁ、北沢さん、とうとう開き直っちゃったんだ」という感じのキャラ。
この小説の発売前、タイトルのみを見た時に「あぁ、また堕天使持ちなのか…主人公が女の子だから、堕天使も女の子が良いなぁ、光を閉ざす天使とかー」とか思っていました。
まさかこう来るとは。

まぁ男女の二心同体の場合はホモにでもしないと色々と大変だよなぁと納得した次第ですが、ここまで直球ホモで来るのはいかがなものかと。

しかしこのキャラ、「ホモ」というのがインパクト強すぎて他の性格とかがあまり印象に残っていない…。

■アルフレッド(無口、狂戦士、シーフ担当、お貴族様、年下属性美少年、シスコン属性持ち?)
作中でフレイムの方がイエルに似ていると何度か書かれていますが、イエル編初期のイエルとウェンディの関係性を思い出すとむしろアルの方がイエルに似ていると思います。
無口とか、無表情とか、動じないところとか。
まぁすでに主人公と打ち解けて来ているようなのでまた違う方向に行くのでしょうけど。
この作品で恋愛方向に行くのかどうかわかりませんが、アルがヒーローで良いんだろうなぁ。アルとフレイムでダブルヒーローかもしれませんが(笑)
そして主人公おいてけぼりでエルリク編の悪夢をもう一度(勘弁してください)

■イオニア(かいぼー、人形作り、邪悪)
まさかとは思うんですが、運ばれてきたマリアと各パーツを見て、明らかに違う人間なのをわかっていて繋いだとか、そんなことは無いですよね?(☆今作品中、一番気になったところ)
いや、さすがに16歳の女性と成人男性のパーツは見れば違いがわかるだろう、と…。
この人の場合、どんな怖い妄想でも素でやりそうなところが恐ろしいです。

■チュトケル一家
>父親(親馬鹿ぶり健在)
 とうとう40代後半に。ということはデルピエロもほぼ同じ… orz
 今回仕事に行くとかいう台詞がありましたが、いったい何の仕事をしているのか気になるところ。
 想像1.学校の先生、想像2.どこかの用心棒、想像3.その他。

>長兄
 主人公がマリアという時点で覚悟はしていましたが、三十路突入… orz
 このシリーズで出てくるのかなぁ…。
 あとがきでおっさんだから出てきても主人公は食われないとかいわれていますが、おっさんだからこそ食われるんじゃないだろうかとか思ったり。
 ファンサービスでどこかで一箇所くらいは消息を知らせてもらえると嬉しいなぁ。

>双子
 この双子、兄妹だったのか。なんとなく姉弟だと思っていました。
 そして、ラフィ、性格がエルリク・クローンでなんともはや。てっきり弟属性の気弱系キャラだと思っていたのに(爆)
 そして美少年設定されているのでもしも今後フレイムと対面するようなことがあった場合、フレイムがどう評するのか台詞が楽しみです(爆)
 しかし、ルーシィ…天然なのか…。ナナとキャラかぶりそう。

■総評
メインキャラクターが3名+3名(イオニアとざっくんとナナ)エルリク編に比べるとかなりキャラクターが減った印象があります。
マリアの成長物語らしいので、そんな派手にはならなさそうって、すでに1巻で本調子で無いとは言え魔王撃退していますがな。
事実を地味にこなす、そんなシリーズになってしまうのでしょうか。

ところで、北沢作品なのにフェアリーがいないのは、フェアリーがつくのは少年主人公のみの特権なんだからなんでしょうか?

|

« 【感想:漫画】てるてる×少年 | トップページ | 【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 1巻 兄弟上陸/ あざの耕平 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/1095839

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説:感想】召喚士マリア1 魂に堕天使を、唇に真の名を / 北沢慶:

« 【感想:漫画】てるてる×少年 | トップページ | 【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 1巻 兄弟上陸/ あざの耕平 »