« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の33件の投稿

【映画:徒然】映画小ネタ

映画の小ネター。

姑獲鳥の夏続報
やっぱり出るのか、京極夏彦(笑)

しかし、クランクインが8月頭で、クランクアップが9月中旬、公開が来年7月と間がかなり開くんですが、姑獲鳥って外でのシーンそんなに多いんでしたっけ?
実はその間にCG加工しますーとか言われると嫌かも。カメラワークでうまくごまかしてこその姑獲鳥。
まぁこまごまと情報が出ているので待っている方としては嬉しいです。

さゆり配役決定
まぁ一週間くらい前のネタなんですが、主人公、本気でチャン・ツィイーだし。_| ̄|○
自腹切ってまでは見ないこと決定。公開までに映画館のポイント集めておこう…。(見る気はあるらしい)

あーちなみに現在公開中のLOVERSですが、こっちは予告を見れば見るほど、見ようという意欲が失せていきます。
なんででしょう。HEROはそれなりに楽しんだんですが、こっちは全然見る気になれません。
恋愛物嫌いだから、当たり前か。

あと、eiga.comは火曜日に更新と謳いつつ水曜日や木曜日に更新する癖は直して欲しいです。いや、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】台風

先ほど、テレビで見た奄美大島の住人のインタビュー。台風16号の感想だったんですが、
「こんなに長い間、とどまっている台風は久しぶりです
……さすがに奄美の人間は台風慣れしていると、妙な感心をしました。いや、それだけなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】ぼくの地球を守って

幻想水滸伝4のスノウを見ていて誰かを思い出すなぁと思っていたら、「ぼくの地球を守って」の玉蘭でした。
細かい性格を見ているとあんまり似ていないんですけど、感触というか、印象が似ているというか。
ちなみにスノウ自体はそんなに嫌いじゃないです。能力的にごく普通なのに、領主の息子なんぞという場所に生まれついたのが運の尽きなんじゃないかと。まぁ領主の息子というポジションでああいう風にしか成長できなかったということ自体が罪といえば罪なんですけど。

話がそれた。ぼく地球の話。
現在発売中の「花とゆめプラス」に続編が載っています。
1年くらい前にも載ったらしいのですが、そっちは見損ねました。

愛蔵版が刊行されているのでそれの宣伝もあるのでしょうが、月関係の7名は出さないで欲しかったかな、と。綺麗に終わった作品に関してはもう触らないで欲しいというか……。(それはすでに続編ではない)
ミクロに関しては最終回でまだ何か胡散臭い話が続くような形で終わっていたのでミクロ主体でなら読みたい気持ちはあるのですが、ありすと輪はもう良いっていうか、見たくないというか。ごにょごにょ。
以前、ミクロ主人公で何本か短編が出ていたと思うのでその続きとして出してくれた方が嬉しかったなぁ…。

「なんて素敵にジャパネスク」の場合は原作小説が続いているのに、途中で漫画版が終了したため、再開されるのは素直に嬉しかったんですが、一旦完結したお話の10年近くたってからの続編やリメイクって付いていけないところがあるので、あまり嬉しくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ゲーム:徒然】キングダムハーツCOM発売日決定

キングダムハーツの続編、キングダムハーツCHAIN OF MEMORIESの発売日が発表されました。
2004年11月11日だそうです。何も私の誕生日に発売せんでも。

GBAでの発売なのですがGBAを持っていないので、GBA買うか、ゲームキューブ本体とゲームボーイプレイヤーを買うかですね。
多分、GBAのような携帯ゲーム機は苦手なので、ゲームキューブ本体+ゲームボーイプレイヤーになるんじゃないかと。
とりあえずCOM以外でも鉄腕アトムのゲームが気になっているので、本体機ごと買うことに抵抗は無いんですが、それでも結構きついかも。中古ショップかヤフーオークションでも覗いてみましょうかね。

しかし「我が竜」が10月28日発売ということは2週間であっちはクリアしにゃならんということで、それはそれで結構忙しいな。
12月のクリスマス商戦でゲームキューブ値下げを狙って発売時は見送るかも。しかしここ最近、ゲームなんてほとんど買っていなかったのに、出るときは立て続けに出るなぁ。

ちなみに、キングダムハーツ2は発売日はまだ不明だそうです。東京ゲームショウで発表されないかなと期待しています。

キングダムハーツCHAIN OF MEMORIES
スクウェアエニックス公式
ディズニー公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】歌舞伎観劇

……一度書いた内容を、間違って消しちゃいました。何をやっているんだか。

先日母が上京してきた際に、歌舞伎座というところに歌舞伎を見に行ってみました。
演目は8月納涼歌舞伎の第一部、「元禄忠臣蔵」と「蜘蛛の拍子舞」の二幕。
本当は第三部の「東海道四谷怪談」の方が見たかったんですが、夕方は他の用事があったので朝の部にしてみました。
ちなみに席は一幕見席。当日いきなり行って席があるほど、歌舞伎座は生易しいところではありませんでした。いくら8月とはいえ、どうして平日にあんなに人がいるのやら。

いやー、楽しかったですよー。七五調の台詞ってどうしてあんなに聞いていて楽しいんでしょうか。
見得を切るシーンなど楽しくて楽しくて、大喜びで拍手していました。機会があれば、また見に行きたいところですが、一人であそこに行くのは気後れがするかも。
まぁ見たい演目があれば放っておいても行きそうな勢いですが。
とりあえず、チケットの買い方が分かっただけでも大収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ゲーム:徒然】桝田ゲー

しばらくぼーっとしていた間に桝田省治の新作ゲームの公式が開いていたようです。
結構前から公開されていたみたいなので、よっぽどぼーっとしていたらしい。

我が竜を見よ 公式サイト

なんか、タイトルからして桝田省治臭さがします。
公式を見て最初に気になるのが「全年齢」の文字でしょうか……。桝田省治シナリオで全年齢……。
きっと小学生がこのゲームをプレイしたあと、10年くらいたって、久しぶりにやってみようと立ち上げてみたら、あの台詞はこういう意味だったのかと思わず頭を抱えてしまうようなダブルリーディング全開な「全年齢」に違いないとか思ってしまうのは期待しすぎなんでしょうか。
しかし、やっぱりどうしても高山みなみは外せないんですね、MARS(笑)
ついでにMARS公式サイトも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】羊との戦い。

Yahooニュースでこういう記事を見つけました。観光・除草・イノシシ対策…ヒツジさん大活躍

除草剤を撒く代わりに羊に雑草を食べてもらおう、という趣旨らしいです。
この羊や山羊を使っての除草というのは最近の流行らしくちらほらと噂を聞きますが、「始めました」という話は聞くんですが、「その結果こうなりました」というのをまとめた資料というのが見つかりません。
ニュースとかでは聞くんですが、ちゃんとした資料にはなっていないのでしょうか?それとも一般に出てこないだけなんでしょうかとか、普通に街中で生活している分にはかなりどうでも良いことが気になります。

で、まぁGoogleなどで検索して調べていたらこういうサイトに引っかかりました。「商売敵は羊???」
どうやら、除草専門のサービスを行っている会社のようです。そんな会社があるのかと、ちょっと見識が広がりました。
というわけで、除草方法などを紹介しているページがあったりするんですが、火炎放射器で焼くというのが無いあたりちょっとびっくりです。
いや、うちの父が以前、庭に雑草がはこびった時に火炎放射器使っていたので、一般的なんかな、と。
(ちなみに、以前すんでいた家は100m四方に民家なしという大変開放的な立地条件でした。)
まぁ、芝刈り機と火炎放射機の燃料とでどちらのコストがよいかというそういう話なのかもしれませんが。
追記:よくよく考えてみたら、あれは火炎放射器じゃなくて、大型のバーナーではなかったかと思い当たりました。
流石に火炎放射器はそこいらに転がっていたりはしない(苦笑)

あーでもそういえば、4月ぐらいに毎年道路わきの草刈しているのを見かけるので普通に需要のある業種なのかも。
ちなみにぐぐったら12000件とかヒットしてびっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】コミックマーケット66(2004 夏コミケ)総括。

バス停での時間の間違い多すぎ。
去年の冬コミもあわせて2回も、3回も間違えないように>自分

あと、二日目暑すぎ、三日目涼しすぎ。いや、涼しい分には嬉しいんだけど。
一日目は暑いことは暑かったですが、まだ行動に支障がない程度だったんですが、二日目はもう、暑くて暑くて。日向に出るのも嫌でした。まぁ二日目は一日目に比べて、人が多かったというのもあるんですが。小説サークルを中心に回っていたんですが、マリ見て、はりぽたの二つを有する場所では人ごみがきつかったです。
三日目は雨が上がった後で自宅を出たので被害は無かったんですが、朝から並んでいた方々には被害甚大だった様子。

そういえば、二日目に書いていた水上バスの話ですが、どうやら一日目でも参加申込書云々のアナウンスがあったようです。マニュアルでもあるのか、水上バス。

ちなみに、購入冊数合計:32冊
新規のサークルで買っているのが、たまたま覗いたワタル本の4冊と委託スペースで買ったエッセイ系2冊だけで、他は全てもともと好きなサークルばっかりという辺りが、なんとなく間違った姿勢のような気がします。
幻想水滸伝4が出たらまた新しいサークル買いするかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局

部屋の片付け出来なかったなぁ…。
あと、ぎりぎりですが、某氏、お誕生日おめでとう?
(クエスチョンマーク付けるくらいなら祝うなとか言われそう)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【徒然】コミケ3日目

朝起きたのが11時前ごろ、昨日12時~1時ぐらいに着くようにって言っていたのに、家を出たのが1時過ぎでした。なにやっているんだか。
さらにバスの時間を勘違いしていて結局バス停で30分待ち。またか。結局着いたのは02:20頃。
そのまま井ノ頭研究所に行って、新刊2冊買って、買い物終了。
一応他のサークルとかも冷やかしたんですが、すでに撤収作業が始まっているサークルもあり、なんとなく落ち着いて見れる状況ではなかったので、企業ブース覗いて、委託ブース覗いたところでタイムオーバー15:00。

んで、お台場内の無料巡回バスに乗ってアクアシティへ。
コミケ客+観光客できつきつ。ぎゅうぎゅう。勘弁してください。
国際展示場駅前からでも乗れたらしいので、そっちまで歩いて乗った方が良かったかも。そして乗った後も道が大渋滞。さっぱり進まない。
ある程度進んでからはすんなり走り始めたんですが、何なんですかね、あの渋滞は。
で、アクアシティ前で降りるところを間違えてひとつ前のホテル前で降車。あーぁと思ったけど、アクアシティまで100メートルくらいだったのでまぁいいやと歩く。

そして手塚治虫ワールド アートスクウェア。
目当てはこれっす。「手塚治虫ワールド・スターシステムブロマイドトランプ」。

いや、だって、ロックがスペードのエースだって聞いたら買うしか!(馬鹿者)
というわけで、買ってきました。
で、中身を見ていたんですが、ネタがふんだんに盛り込まれていて楽しいのなんのって。
なぜかスペードのAが4枚もあるとか、各スードのJが全てブラックジャックネタなのはさすがだとか、トッペイさんがKなのは立派過ぎるけど、ダイヤなのがトッペイさんらしいところなのだろうかとか、マグマとガロンのカードは爆笑だとか、というか、このカード、トランプじゃないよとか、存分に楽しませてもらいました。
また、BOXに書かれている注意書きが面白い。店先で読んだとき、思わず笑い出すかと(笑)
というわけで、大変楽しかったトランプなんですが、実はシークレットというか、プレゼントカードが2枚あるらしく、そのうち一枚は現在発売中の手塚治虫マガジンの付録。もう一枚が初台のショップで買い物したらもらえるそうで……事前に情報入れていなかったから知らんかったよ……_| ̄|○
それならお台場じゃなくて、初台の方に行ったのに。遠いけど。
7月末から配布だそうなのでまだ残っているのかどうか分かりませんが、時間が出来たらいくかもしれません。

で、ゆりかもめに乗って帰宅。ゆりかもめも混んでいました。3分間隔で運行していたらしいですが、それでも需要に追いついていませんでした。
以前コミケ以外でお台場に行ったことがあるんですが、それでもやっぱり人は混んでいました。
臨海線はそれほどでもないんですが、ゆりかもめはそれ自体が観光名所となってしまっているため、どうしても人が集まるようです。

買ったもの
・井原裕二さんとこの新刊 × 2冊。

…あ、この総集編、本全部持っているや(爆)まぁ、いいや、ファンだから。
えぇっと、後は霜戸君、可愛そうとか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れています。

コミケから帰ってきて、お茶を飲もうと冷蔵庫を開けたら、空になっているお茶の容器が入っていました。そしてお茶が入っている方の容器は室内に出しっぱなし。
なんで空の方を片付けるかな、私は。昨日一日で結構疲れていたようです。

えー、明日なんですが、アクアシティの手塚治虫ワールドに行きたい気分になってきたので元気があれば12時~1時ごろに到着するくらいに行くかも。

さて、今週の中ごろに母がこっち来るので部屋の中片付けておかないと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】コミケ2日目

朝起きた時から暑かったです。あまりの暑さに外出するのが嫌でした。

今日はバス停Aの方から出発。10:02発、10:40ごろ着。バスの中はすさまじく込んでいました。
昨日とは違うバス停で降りたのですが、今日はちゃんと列の方に誘導されました。
まぁ昨日よりも1時間くらい早いというのもあるんでしょうが。
しかし、列に並び始めた時点ですでに体が汗でべたべたというのはいかがなものかと…。
一瞬このまま帰ろうかと思ったり思わなかったり。

今日は西→東→水上バス→秋葉原→帰宅というルートで。

買った物~
・ワタル × 4冊
・うぐいす姉妹 × 4冊
・勾玉三部作 × 2冊
・鋼の錬金術師 × 1冊
・巷説百物語 × 1冊
・バンパイヤ(手塚治虫) × 1冊
・ロトの紋章 × 1冊
・八房アンソロジー × 1冊
・エッセイ系 × 3冊
-----------------------------------------
合計: 18冊

あれ?昨日よりも本が多いのに昨日の方が荷物が多かったような……。
あぁ、そういえば昨日は総集編が3冊もあったな…。そら、重いわ。

えーバンパイヤ本は先日話題にした白波五人男 弁天小僧菊之介ネタでした。タイムリー過ぎてスペースで新刊のタイトル見た瞬間に「あっ」て感じ。

空色勾玉が今年の夏に劇団ひまわりによって舞台化されているのを読んだ同人で始めて知りました…。しかも上演今日までだし。がっくり。
いや、あらかじめ知っていたとしても見に行ったとは思えないんですが、知っていて見に行かないのと、知らずに見に行けないのとではまた違うかな、と。ちなみに結構早い時期にチケットは完売していたようです。むう。

んで、帰り。
水上バスに乗ったのですが、船内で流れたアナウンスが秀逸でした。
「夏コミ参加、お疲れ様でした」夏コミ客限定なのはひっかるが、これは良い。
「船内で同人誌をお読みになるのはかまいませんが、一般のお客様も乗船されていますのでご配慮ください」コミケ客は一般じゃないのかという突っ込みもあるが、気持ちは分かる(笑)
「二日目までご参加のお客様はお気をつけてお帰りください、明日も参加のお客様はごゆっくりお休みください。冬コミに参加されるときはまた水上バスをご利用ください」内情詳しすぎませんか?
「本日は夏コミですが、参加申込書をお忘れになりますとそれだけで落選となってしまいます。くれぐれも忘れ物などなさいませんように」あんた、一体何者だ!
水上バス、侮れません。

そういえば、去年だったか乗ったバスの運転手さんにも降り際に「せっかく買った大事なお荷物はくれぐれもお忘れになりませんように」とか言われたような…。
コミケ参加者は各交通機関に多大な迷惑をかけている様子。

そしてそんな私は昨日、バスの中でバス共通カードを落としたようです…。今日使うつもりだったのに見つからなかった…_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼやき

夏コミいかなきゃならないのに、テレビでオリンピックの開会式をやっているので出かける踏ん切りがつかないのですが、どうしたものやら(爆)
追記:結局9:30頃に家を出ました。

ところで、日本選手団の服装、どうにかならんかったんでしょうか。なんかこれとか読むと次の北京とかも絶望的なんですけど。
そんな奇をてらわなくても、今回のスペイン選手団の服でいいのに。昔の日本ってあんなのだったよなぁ。
でも入場行進を見ていると、結構「それはいかがなものか」という服の国も多いなぁとか(笑)
それでも日本がワースト突っ走っていたとは思うんですけどね。

あ、いろいろ探ってみたら、一応ジャケットも用意してあったみたいです。写真が小さくて細部は分からないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】コミケ1日目

現在の住所の近くにビックサイト行きのバスが出るバス停が2箇所あります。
バス停A の方は土日のみ運行です。
バス停B の方は平日、土、日とすべて運行ですが、平日は10:30頃に一本だけ、土日は11:30頃に一本だけと時間帯が違います。

今日は金曜日なので平日です。
去年の冬、平日だと思っていたらバス停Aの方が休日の時刻表で運行だったという例があったので一応都バスのサイトで運行状況を調べましたが、平日で運行(つまり今日はバスは無い)という回答だったので、バス停B の方に時間に間に合うように行きました。

出迎えてくれた張り紙「本日は土曜日の時刻表で運行」。

しまった、バス停Bの方の運行情報チェックし忘れた!1時間も待っていられないよ!

というわけで、豊洲駅行きのバスに乗って、豊洲駅で乗り換え。片道400円なり。

ところで、ビックサイトのバス停で降りた後、スタッフにそのまま階段を上るように指示されたんですが、入場待ちの列はまだまだ長く伸びていたので、もしかしなくても開場した後はバスで行った方が有利?
少なくともTWRやゆりかもめだったらさらに20分くらいは列に並んでいなければならなかったような…。

入場してからは西→東→企業ブース→バスで東京駅→帰宅という流れで。
秋葉あたり寄ろうかと思ったんですが、荷物重くてそれどころじゃありませんでした。

買った物~
・俺の屍を越えていけ × 3冊
・遊戯王 × 3冊
・るろうに剣心 × 2冊
・武装錬金 × 1冊
・ティルズ・オブ・ファンタジア × 1冊
・なるしまさんの新刊(プラダ) × 1冊
・コミケットプレス × 1冊
-----------------------------------------
合計: 12冊

ほぼ全てサークル買い。最近、新規開拓しないようになっちゃったなぁ……。
一番のヒットはなるしまさんのプラネットラダー完結記念本。爆笑物でした。

感想として、俺屍のサークルが徐々に減って行っているなぁとか、以前、巷説百物語本を出したとサイトに載せているサークルがあったので、てっきり今回持ってきていると思っていたら実はとっくに完売していて肩透かしくらったサークルとか。再販希望のメール出すか、中野にでも探しに行こう…orz

るろ剣と武装錬金は前から好きだった漫画家さんが実は同人やっていたということを最近知ったので買いに走りました。これだけのヒントで特定されてしまいそうな辺りがなんとも。

そういえば、コミケットプレスの今回の特集が「気になる作家ベスト100」。
6位にTONOさんが入っていました。
んで、これ、実は6年くらい前にも実施された特集でそのときの6位もやっぱりTONOさん。
1~5位までは変動しているのにTONOさんだけは不動。これは結構すごいんじゃないかなぁとファンの欲目(笑)

ちなみに今回見たコスプレ。
一番受けましたで賞:武装錬金のパピヨンやっていたスタッフ。胸元は肌色の布で作っていました。そりゃそうだ。
暑そうですね賞  :ケロロとクルルとギロロのきぐるみをやっていた方々。すごいでかいきぐるみ。カメラがあったら撮らせてもらったかも。

ちなみに企業ブースに出展していた某交通局のおじさんがお客に来ていた「マリ見て」の可愛らしいコスプレイヤー2名に鼻の下を伸ばしていました。傍から見ていてもすごい嬉しそうでなんだか笑ってしまった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小説:感想】空ノ鐘の響く惑星で 4巻 / 渡瀬草一郎

コミケへの行き帰りで読もうと思っていたのに、帰りのバスの中で読むことを忘れており、結局家に帰ってきてから読みました。何しているんだろう。

以下、ネタバレ。

続きを読む "【小説:感想】空ノ鐘の響く惑星で 4巻 / 渡瀬草一郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:徒然】現在製作中の映画情報

備忘録っぽく。
そういえば、現在公開中で見たい映画は軒並み見てしまったので今月はもう映画館いかないかも。
あと、気が付いたら「カレンダーガールズ」の公開が終わっていた…不覚。

○姑獲鳥の夏 製作発表
動画 eiga.comの記事
いろんなところで京極堂の着物が黒じゃないといって突っ込まれていますが、劇中で綺麗に映えていれば良いんじゃないかなぁと。
ところで11日朝のニュースでこの製作発表が流れていましたが、世間一般さまでは「姑獲鳥」は読めないようです。まぁなぁ。

○亡国のイージス
撮影の記事が出ていたので。

○ポーラ・エクスプレス 公式
アニメ系の映画を見に行くとかなりの確率で予告が流れる11/27公開の映画。
予告を見るたびに「銀河鉄道の夜かー!それとも999かー!」と叫びたくなります。
どうも予告からするとサンタクロースに会いに北極まで行くお話しらしいのですが、すれた日本オタクとすると機械の体を貰いにアンドロメダ星雲までとかそういうお話になってしまうのですが、いかがなものかと。

○さゆり
ハリウッドで撮る予定の芸妓が主人公の映画。
渡辺謙が出演ということで記事になっていました。eiga.comの記事
しかし、肝心の主人公役含めて、女性キャストに日本人がまったくいないというのはいかがなものかと。
出来が非常に心配です。

○ナルニア国物語
今年の夏から撮影開始という噂を聞いたんですが、結局そのあと聞いていないような…?
ただ単に日本でだけ報道されていないのだとしたら悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本:徒然】夏休みの本屋の店先

夏休み中なので、書店に行くとよく子供向けの本のフェアをやっています。
そんな中で今日見かけた本が二冊。とは言っても絵本なんですけど。
子ども版声に出して読みたい日本語1 宮沢賢治
知らざあ言って聞かせやしょう

宮沢賢治の方は言うまでも無くあの宮沢賢治です。流石に小説一本丸ごと収録されているわけではなく、良いところ抜粋形式なわけですが、その中に「永訣の朝」の一部が入っていまして、危うく本屋で泣くかと思いました。
「永訣の朝」は破壊力強すぎ。

それに対して「知らざあ言って聞かせやしょう」は白浪五人男の菊之助登場シーンの名乗りを丸々本にしているんですが、その名乗り中に「それから若衆の美人局」という台詞がありまして、子供向けの絵本でそれは良いのだろうかと真剣に悩んだりしました。なんだよ「若衆の美人局」って(笑)
子供に意味を聞かれても困るよなぁ、「稚児」とか「若衆」とか「美人局」とか。歌舞伎というか、江戸文化恐るべし。
一回、歌舞伎とかも生で見てみたいんですが、なかなか機会も無いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小説:感想】七姫物語 / 高野 和

このライトノベルがすごい!」や「2chライトノベル大賞」で薦められていた本。

電撃文庫で現在2巻まで出ています。esbooks

以下ネタバレ

続きを読む "【小説:感想】七姫物語 / 高野 和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】スパイダーマン2

水曜日のレディースデーで見てきました。
公式サイト

ところで、ここ、本人は読書感想をアップしてあいまに日記等を書くつもりで作ったBlogなんですが、もしかしなくても本よりも映画の感想の方が多かったりしますか?
タイトルに偽りありですか?

えーまぁ、本の感想の方もボツボツ頑張りたいと思います。
以下ネタバレ。

続きを読む "【映画:感想】スパイダーマン2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】検索ワード

ココログの機能としてどんな単語で検索されたかを調べてくれるサービスがあるのですが、ここ最近「ストレイト ジャケット」で検索されまくっているようです。
説教されるのが好きな榊スキーが多いのか、西川秀明が好きな卑しい人が多いのか、どっちでしょうか。

あと、ひっそりと多いのが、亡国のイージス。
そういえば、終戦のローレライ、まだ読んでいないや。こっちも映画が公開される前に読まないと。
福井作品は手元にはほとんど揃っているんだけど、読んでいる暇が…。というか、積みすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】日々徒然

何を思ったのか、映画リレーなどしてみました。
誰も知らない」「スチームボーイ」「ハリーポッターとアズガバンの囚人(2回目)吹替版」の3つ。

というわけで、感想アップしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】誰も知らない

公式サイト
有楽町駅近くのビッグカメラ7Fにあるシネカノンで10:30開始の回を見てきました。
時間的に余裕を持って1時間前に着いたのですが、その時点ですでに立ち見が出始めていました。
私は運良く座れたのですが、結構小さめの映画館だということを差し引いても結構な人が入っていました。
まぁ全国19館でしか上映しないので集中してしまうのはしょうがないかも。
観客の層は結構ばらけていて若年層から中高年までさまざまな感じでした。

以下、ネタバレ感想。

続きを読む "【映画:感想】誰も知らない"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【映画:感想】スチームボーイ

公式サイト
誰も知らないの20分後ぐらいに続けて視聴。

以下、ネタバレ感想。

続きを読む "【映画:感想】スチームボーイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】ハリーポッターとアズガバンの囚人(2回目)吹替版

2回目ー。今度は吹替版ー。一応公式

以下、ネタバレ感想。

続きを読む "【映画:感想】ハリーポッターとアズガバンの囚人(2回目)吹替版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】ストレイト・ジャケット予告編

前回の続き
ヤングアニマル嵐に予告編が8ページ載っていました。

一読した後の感想としては「ネリンが童顔という設定にしてもほどがある」とか、「レイオットとカペルは小説のイラストの藤城絵にかなり意識して似せようとしているなぁ」とか。

西川版のレイオットが楽しみだったので期待が外れたところもあるのですが、まだ予告だけなので実際に絵を書いていけばキャラデザは変わっていくとは思うので楽しみにしておこうかと。

「職業・殺し屋。」と掲載紙が同じということで職コロの方の連載はどうなろうのだろうと気になっていたのですが、同時掲載だそうです。そしてストジャは「一挙掲載」。合計ページ数はいったい何ページ?
デーモンハートの単行本で微妙にしゃれにならないことを書いていたので、あまり無茶な仕事されると心配になるんですけど。

原作一巻から忠実に起こしているようなんですが、実際は紹介編みたいな感じで不定期掲載になるんでしょうか。
なにはともあれ、2ヵ月後が楽しみです。

………ヤングアニマル嵐を買うの恥ずかしいけど(ぼそっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】日々徒然。

今日は犬福を買ってこようとか思っていたのですが、残業で結局ゲーム屋さんに寄れませんでした。むう。
明日も寄れなさそう。むう。

えー、仕事先のエンドユーザさんが薬剤系の会社さんなのですが、そこでちらりほらりと聞いた話。
薬剤系の会社の社員は仕事柄薬品に詳しく、また薬を使うことに対して躊躇いが少ないという傾向があるのだそうです。
なまじ色々な症例を知っているので少し体調が悪かったり、自覚症状があったりするとすぐに病院に行くとのこと。
それはそれで結構なことだと思うのですが、その結果なぜか社員のうちかなりの割合(とは言っても数%くらいでしょう)がメンタルヘルスの薬を服用、という状態になってしまっているそうです。
しかも自社製品。「自社製品愛用運動」とか言って、笑われても困るというか。

ちなみにそこの会社の一番の売れ筋商品だそうです。いや、だからそこで笑われても困るって。

なんとなく、BBB167pを思い出したり、思い出さなかったりした出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【徒然】Google検索

Googleで「あざの耕平」をキーにして検索すると、うちのサイトがライトノベル板のあざの耕平スレッドよりも前に表示されます。
こんな馬鹿馬鹿しいことがすごく嬉しい!(笑)

まぁそのうち下がっていくのでしょうが、あざのスキーとして冥利に尽きるってものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】シュレック2

水曜日のレディースデーで見てきました。

んで、始まる前に「ハウルの動く城」の予告を見ました。
予告を見ていると最初、単なるお婆さんだったソフィーがだんだん可愛らしくなっていくあたりが「千と千尋の神隠し」の千尋のようで面白かったです。
あと、ハウルが萌えキャラ臭かったです(待て)

ハウルはベネチア国際映画祭に出るのが一番早い公開らしいのですが、0号はすでに完成したとのことなので公開の11月が楽しみ。
さて、前売り券何枚買いましょうかね。
ちなみに「千と千尋の神隠し」は確か劇場で8回見ています、私。

続きを読む "【映画:感想】シュレック2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】ぐーぐる窓

というわけで、サイドにGoogle窓をつけてみました。どんなものでしょうか。
というか、サイト内検索がうまく動いていないような…
サイトが若すぎて引っかからないのか、設定間違えているのか…orz
他所様のような格好の良いデザインになぜならないのか。むう。

ついでにトラックバックの練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画:徒然】ストレイト・ジャケット漫画化

カテゴリ、「アニメ・コミック」で良いのだろうかと悩んだりもしましたが、まぁいいや。

榊一郎氏のストレイト・ジャケットが漫画化するそうです。

続きを読む "【漫画:徒然】ストレイト・ジャケット漫画化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然:本】初版のDクラッカーズ

昨日、本屋に言ってつらつらと本を物色していたのですが、たまたまDクラッカーズが目に付いたのでふと思い立って後付を覗いてみました。

……初版?
この1巻、初版なの?
2000年発売なのに初版。
装丁も三種類あるうちの新装丁なのに初版。
口コミで50万部とか新シリーズの帯になっているのに初版。

なんだか、すごくどきどきしていまい思わず隣に並んでいた他の巻の後付まで調べてしまいました。
3巻は6刷目、4巻は5刷目、あまつさえ最新刊のはずの7ー2でさえ再販

別に売れていないわけじゃないはずです。
でもこの1巻は初版なんです。2度に渡る装丁替えにも書店での促販プッシュにも耐え切ったこの本。
どれくらいの道のりがあってここに? とか思わず印刷されてからの道程を思い描いてしまったりしました。
良い人に買われるといいなぁと思いつつその場を後にしましたが、ただ単にDクラシリーズは1巻だけ売れていないとか、そういう意味だったらどうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】いろいろ試してみていますが

サイト内検索がオプションに存在しないのは結構痛いなぁ。
他所のサイトでgoogleの検索窓をつけているところがあるので、調べてみようとは思っていますが。
CSSいじらなければならないようだったらプラン変えなきゃいけないし。
サイト内検索くらいは最初からコンテンツに含めておいても罰は当たらないと思うのですが、いかがなものでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

とりあえず作ってみました。

2004/8/1 に作成。
過去日付での投稿も出来るので過去の記事もぽつぽつ移していこうと思っています。

よろしうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »