« 【小説:感想】七姫物語 / 高野 和 | トップページ | 【映画:徒然】現在製作中の映画情報 »

【本:徒然】夏休みの本屋の店先

夏休み中なので、書店に行くとよく子供向けの本のフェアをやっています。
そんな中で今日見かけた本が二冊。とは言っても絵本なんですけど。
子ども版声に出して読みたい日本語1 宮沢賢治
知らざあ言って聞かせやしょう

宮沢賢治の方は言うまでも無くあの宮沢賢治です。流石に小説一本丸ごと収録されているわけではなく、良いところ抜粋形式なわけですが、その中に「永訣の朝」の一部が入っていまして、危うく本屋で泣くかと思いました。
「永訣の朝」は破壊力強すぎ。

それに対して「知らざあ言って聞かせやしょう」は白浪五人男の菊之助登場シーンの名乗りを丸々本にしているんですが、その名乗り中に「それから若衆の美人局」という台詞がありまして、子供向けの絵本でそれは良いのだろうかと真剣に悩んだりしました。なんだよ「若衆の美人局」って(笑)
子供に意味を聞かれても困るよなぁ、「稚児」とか「若衆」とか「美人局」とか。歌舞伎というか、江戸文化恐るべし。
一回、歌舞伎とかも生で見てみたいんですが、なかなか機会も無いですよね。

|

« 【小説:感想】七姫物語 / 高野 和 | トップページ | 【映画:徒然】現在製作中の映画情報 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/1176367

この記事へのトラックバック一覧です: 【本:徒然】夏休みの本屋の店先:

« 【小説:感想】七姫物語 / 高野 和 | トップページ | 【映画:徒然】現在製作中の映画情報 »