« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月の22件の投稿

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その4

10/13付けの記事
10/22付けの記事
10/26付けの記事の続き

潮出版にメール送付( ・・)ノ
上手く転がると良いな。

そういえば、明日(すでに今日か)は「我が竜を見よ」の発売日ですな。
実は今日(すでに昨日)の昼休みに秋葉にフライング狙いで行ってみたんですが
さすがに見つかりませんでした。
俺屍の時はフライングできたんですけどね。

とりあえず明日の昼休みに会社を抜け出して買いに行こうと思います。
ついでに「PS one Books 俺の屍を越えてゆけ」と「ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。」も買おうかと。
プレイしている時間無いって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その3

10/13付けの記事
10/22付けの記事の続き

とりあえず、落札してみました。
2chのスレッド経由で潮出版の連絡先も聞いたので連絡してみようと思います。むう。

しかし、「赤い風車」が9万円↑で、「死相船」が1万円↑って皆正直だ…(苦笑)

ところで、Yahooオークションでの出品者のコメントを引用。
>★その他に【黒の李永・夜話7 黒の紫禁城】、【賢治と水晶機関車】などなど多数原画、
>カラーイラストがございます。今後出品していきますので宜しくお願い致します。

一体、どれだけ流出したんだろう。orz
そして、「賢治と水晶機関車」がよもや単行本未収録作品なんじゃとか期待しているバカがここに。
(いや、確か単行本未収録の作品があったような気がするんだ、確か)

不謹慎で、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】台風と地震の狭間。

ここにも書きましたが、先週(16-17)はJRを使って地元に帰っていました。
そのときは、9-11の三連休に台風が直撃していたため、「あぁ台風にぶつからなくて良かったな」と思っていました。
そして今は「あぁ、地震にぶつからなくて良かったな」と思っています。
新潟ではないのですが、23-24だったら、帰りの電車が止まっていたんじゃないかと…。
実際、JR東日本のサイトによると、今も止まっていますね。

で、まぁ何を言いたいのかというと、人間が生きているのって実は結構一瞬一瞬の積み重ねで運を頼りで生きているんじゃないかなぁと。
つまり、今生きているけれども、次の瞬間にも生きているというのは実は大変有り難いことなのでは無いだろうかとか、ちょっと思ったりしました。むう。宗教がかっていていかんな。

で、新潟の地震ですが、今日になって酒飲みとして、気になるニュースが。
酒蔵も痛手…「久保田」「朝日山」ほぼ壊滅状態
新潟の酒蔵がほぼ壊滅状態だそうで……orz
私は、酒飲みなので、酒蔵に反応していますが、別に酒に限らずあの辺りでは工業にしろ、農漁業にしろ、多かれ少なかれこの状態なわけで、なんだか想像すると暗くなります。
被災地の方々に心からお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小説:徒然】RoomNo1301#3のあとがき

てっきり書いたと思って気を抜いていたら書いていなかったネタ(笑)
なぜ書き忘れていたのだろう。

というわけで、富士見ミステリー文庫、「RoomNo1301」3巻の後書きネタ。

とりあえず、あざの耕平好き(BBB1巻は当然読了済み)は何も言わずこの本の「後書き」を読むべし。
そして大笑いしたのちに、富士ミスの新井輝作品「後書き」を読んでにやにやするべし。
あざのファンとしては、楽しくて良いですよ。

そういえば、BLACK BLOOD BROTHERSの2巻(長編書き下ろし)が12月発売だそうです。ひゃっほう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小説:感想】エンジェル・ハウリング 10巻 / 秋田禎信

小説の感想を書くのがすごい久しぶりのような気が…
おかしい、ここは確か読書感想blogのはず。

秋田禎信の説明するのがなんだか難しい小説、最終巻。esBooks
以下、ネタバレです。

続きを読む "【小説:感想】エンジェル・ハウリング 10巻 / 秋田禎信"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その2

10/13付けの記事の続き。
現在、Yahooオークションに死相船の原稿が出ています。
とうとう李氷シリーズが出たか。orz

うー、本当にどうにかならないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】ネット通販日々徒然

便利ですよね、ネットの通販。
Amazonとか、注文すると下手すると24時間以内に配達されますし。

……なんで、手元に忍たま乱太郎の劇場版ビデオとか、絵本とかがあるんでしょうか…(A:注文して、買ったから。)

便利なのは良いんですが、請求が回ってくるのが怖い…。
というか、劇場版はDVDを待つんじゃなかったのか、私。

ちなみに絵本は6年生が登場する伊作が不幸な話と、仙蔵の話と、運動会の3冊です。
偏っている偏っている(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】金沢市内オタクショップ

本当は前回のポストで書くべきだったんでしょうが、金沢の市街に久しぶりに行ってみての感想。
パティオの4階がすごいことに!
というかいつのまに金沢にゲーマーズが?!
いやーなかなかにしてショックが大きかったですよ。
しかし、金沢の古同人誌は物価が高い…まんだらけ中野店にくらべるとほぼ2倍~2.5倍くらいしているんじゃなかろうか。あそこで本はちょっと買えないな。

そしてディズニーストアが撤退した後も元気に繁盛しているアニメイトにもなんだか妙な気分になったりしましたが。

そして、私信。(見ているかどうか分からないけど)
金沢のKACにはエヴァ同人はほとんどありませんでした(・・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】帰郷。

高校時代の友人が結婚するので二次会に誘われたので、この土日は地元に帰っていました。
クラスの女子の大半が参加していたのでノリとしてはプチ同窓会だったんですが、みんなあまり変わっていないなぁと。
一番変わったのが酒を飲むようになっていたり、タバコを吸うようになっていたりな辺りはいかがなものか。
そして、この歳になって、既婚者が4人しかいないのはかなりいかがなものか。
まぁ、この1年か2年で皆結婚していくんだろうなぁという感じで見ていましたが。

久しぶりに皆に会えたのが楽しかったですよ。

で、まぁこれは良いんですが、往復にJRを使ったんですが、行きは後ろの席に座っていた人がずーっと、なにやらぶつぶつ独り言を言ったり、鼻歌を歌ったりと大そう怖かったです。席は結構空いていたのに、なんでよりにもよって私の真後ろ。
帰りは帰りで金沢駅の駅員さんがこちらが言ったのとは違う席の指定席をくれたりと大変でした。
特に帰り。車掌さんと交渉したら「空いている席に座っていてかまいませんが、その席の券を持っている人がいたら他の席に移動してください」って何ですか。
おかげで駅に停車して人が乗ってくるたびに移らなきゃいけないのかと思うとおちおち寝てもいられなかった。

というわけで、次に帰るときは飛行機使います。いくら安くてもJRは使わない。

あと、実家に帰ってみたら「冬のソナタ」だの「ホテリアー」だの「美しき日々」だのと書かれたビデオがうず高く積まれていました…おかん、勘弁して。
とりあえず呉 善花さんの「スカートの風」を買ってきて「まぁ読みなさい」と言っておいてきました。
冬ソナおおはまりの50代女性には多分「スカートの風」あたりが一番読みやすいかなぁと。
でもあの人、活字を読むという習慣が無い人なので読むかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【TBレス】アイ,ロボットとデビルマンについて

GrayRecordさんにトラックバックしていただいたようなのでレスをつけようと思ったら登録が必要なタイプのbolgだったので自分のところでレスさせてもらいます。

○アイ,ロボットについて
OVA版キャシャーンは見たことが無いので回答できないのですが、この映画はネタとしては面白そうなんです。
ただ、全体的な作りが模範的なハリウッド映画すぎて、そういった意味で「面白味が無い」んです。
客観的に見てどの部分も平均点を越えている映画だとは思うのですが、突出した部分が無いため印象が平凡になってしまうと言えば良いでしょうか。

……贅沢を言うのであれば、このネタを使うのならもっと突っ込んでマニアックなシナリオにして欲しかったなぁとか思ったり。
方向性は好きなので無機物燃え属性としてはもっとVikiの描写を踏み込んでやって欲しかったというか。
できればVikiがロボット三原則からあの結論に至るまでの思考経路が見たいというか。
むしろ、それだけで一本小説が読みたいというか(さすがに映画にはならないだろう、それ)
えーっとまぁこういう事を素面で考えるような人間にはやっぱりあの映画はもの足りないようです。

○デビルマンについて
いや、いや、私の意見など、Yahooムービーのユーザーレビューに比べればとてもとても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】Amazonのお話

9/16付けの記事で白井さんのコミックスのタイトルがAmazonで間違って登録されているので訂正依頼を出したということを書いたんですが、その後どうなったのかというと、
以前「黒の李永・夜話 (5)」
現在「黒の李永・夜話 (5) 鬼童子」

……依然として「李氷」の「氷(こおり)」が「永(ながい)」のまんまですがな。
どうやら修正依頼を副題だけだと勘違いされた様子。
違うよ、シリーズ名が思いっきり間違っているんだよ。
えぇっと、さらにもう一度修正依頼かけるのも結構気詰まりなんですが、どうしたものやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【驚愕】白井恵理子さんの漫画原稿流出

以前、オタク系の中で話題になったさくら出版の原稿流出事件というのがありました。こちらは幸い原稿の返却(ただし残っていた分のみ)という形で終結しています。

しかし、現在進行形で白井恵理子さんの漫画原稿がYahooオークションに出品されております(号泣)
ちなみに私が知ったのはつい先ほど。
情報元は少女漫画板@2chの白井恵理子スレッド
ということで、スレッド内容をまとめてみました。

○2004/10/03 23:42:40(レス番 436)
 少女漫画板の白井恵理子スレッドでヤフーオークションの情報が書き込まれる。

○04/10/05 15:37:00(レス番 446)
 スレッド住人が潮出版に問い合わせた内容を報告
 以下、一部引用(全文はスレッドを参照してください)
 >原稿は本人が流したものではなく、手違いであるとのこと。
 >白井さんもこの件を知ってらっしゃるそうで、大変頭を悩ましているそうです。
 >玄徳君をはじめ、その他の原稿は白井さんが厳重保管しているとか。
 
 >んで、何かあればメールでも手紙でも転送しますよ、と言ってくれました。

 446さんがYahooオークションに質問してみるとのこと。
 また、どうやら原稿の流出経路は身内らしい…とのこと。

○04/10/06 13:55:28(レス番 452)
 スレ住人が、オークションに入札。

○04/10/06 23:56:18(レス番 459)
 スレ住人以外が高値入札した様子

○04/10/07 00:19:48(レス番 468)
 オークション終了16500円

○04/10/10 15:43:43(レス番 474)
 新たに「春華宵綺譚」(「その日仙 境に龍ははおちて」収録)が出品される。
 
 出品元と思われる店を見つけたので、電話してみるも、連絡つかず。
 その後Yahooからも連絡なし。

○04/10/12 17:55:20(レス番 479)
 スレッド住人が出品者に問い合わせた内容を報告
 以下、引用
 >出品者さんのリアル店(?)、連絡先調べがつきますた
 >電話かけてみたら、あの生原稿は委託品だと言っていた
 >
 >なんかすごい転々と人手を渡ってオクにたどりついたらしい
 >このリサイクルショップに持ち込んだ人は、原稿の価値が
 >わからなくて、オクに出してついた値段で売ってくれと
 >言っているそうな
 >
 >持ち込んだ人に連絡を取って、どうせ売るんなら原作者に
 >値段交渉して売ってくれと伝えてほしいと言いますた
 >ダメ元で伝えるけどどうなるかはわからん、だそうです
 >
 >どこまで本当かわからないけど、白井さんが出せる金額で
 >買い戻せるといいなと思う
 >この際ついでだから、潮にもここを教えた方がいいんだろうか?
 >
 >それにしてもこのショップ、「そこまで思うんならファンが
 >落札したらいいじゃないですか?」と言いやがったよ
 >もうやってみて、届かなかった人もいるのにな

とりあえず、今のところはここまで、らしいです。
つい最近、ヤフオクのIDを取ったので、ウォッチリストには入れておきますが、最終的にはちゃんと白井さんの手元に戻りますように。

でもすでに一本か二本は流出しているんだよなぁ…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】電話番号非通知

昨日の電話繋がらない件ですが、私の方のミスであることが発覚しました。恥。

ようは新しい携帯に変えたところ、デフォルトの設定が電話番号非通知であった、ということらしいです。
んで、相手の方の設定で電話番号非通知だったら受信しないという設定だったんですね。

なんで、デフォルトが非通知なんだろうとか、DOCOMOに苦情を入れたくなりました。

あと、非通知で電話を切る際に「この電話番号からの着信はできません」というのは正しくないアナウンスだと思います。
「電話番号を通知しておかけ直しください」が正しいんじゃないでしょうか。どこかはわかりませんが、携帯会社に苦情を入れたくなりました。

まぁ、悪いのは設定を確認しなかった私なんですが。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】日々徒然

なんか、いま、テレビを見ていたら、象が海を泳いでいました。
象って泳げるんだ!なおかつ海まで渡れるんだ!
なんだかくだらないことに感動しているような気が。

高校時代の友人から夕方頃に電話がありました。
とある事を確認してから電話で連絡して欲しいと言われたので、連絡事項を確認した上で電話してみました。
「この電話番号からの着信はできません」って何だ。嫌がらせか。2、3日前に電話したときにはちゃんと出ただろう、君。

いや、まぁ、その人はそういう陰険な嫌がらせが出来る性質ではないのでなんかの間違いだとは思うんですが、そういえば高校時代にも連絡伝達でえらい大ボケかましてくれていたなぁあの人。どじっ娘属性にも程があるだろうとか呟いてみたりする3連休最後の日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】検索キーワード

この日記はniftyココログというサービスでやっているのですが、この機能の中に検索キーワードを見るというのがあります。
まぁアクセス解析というやつです。(とは言ってもIPアドレスとかは私が利用しているサービスでは見れないんですが)
んで、まぁぼちぼちと検索キーワードを見ていると結構頻繁に「火炎放射器 除草」で検索がかけられていたりします。
なんで、そんなキーワードで検索を…?
「幻想水滸伝」とか「我が竜」とか、他の映画タイトルとかでならまだしも、なんでそんなキーワードで……。
私は火炎放射器を使って除草するのはあまり一般的ではないと思ってネタにしたんですが、世間一般さまではそうではないんでしょうか。
というわけで、ぐぐってみました
検索結果41件だったらそれほど一般的でもないと思うんですが。
誰かうちのサイトを検索するための検索キーにでもしているんでしょうか。

結構謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】「アイ、ロボット」と「デビルマン」

徒歩でいける圏内にある映画館で6枚つづり回数券が6500円で売られていることに最近気がつきました。
このサービスいつからやっていたんだろう…
というわけで早速買って鑑賞してみました。お題は「アイ、ロボット」と「デビルマン」で。

ところで、隣に座ったおっちゃんが肘掛をこえて妙にこちらに腕をはみ出させたあげく、こちらと肩がぶつかったりあまつさえ手をぶつけたりしても身じろぎもせず(普通は手を引っ込めるなり、なんなりんじゃないか?)、こちらから視線を流しても微動だにせず(視線を感じても無視ですか?)と、あまりにおかしな態度をかまされたので、ずーっと横に向かってプレッシャーをかけていたら映画途中で席を立って映画館から出て行ったあたり、殴るのは行き過ぎにしても、今日買ったばかりの携帯のカメラで写真くらいとっておいてやればよかったでしょうか(他の観客に対して迷惑)
まぁかなり空いている映画館で席がたくさんあるのに横に座る時点でおかしいんですが。
あの映画館で変な目にあったのこれで二回目なりよ…今度からはカップルの横にまるで友人連れかのように座った方が良いかもしんないorz。

■アイ、ロボット
なんか、普通のハリウッド映画だなぁと。
ネタは面白そうなんですが、ごく普通にハリウッド的に映画化してしまったので画像的に常にどこかで見たような絵面で面白くはありませんでした。
原作の方が面白そう…。機会があったら原作の方を読もうと思います。
ところで、人間を守る云々というのが作中に出てきますが、種として人間を保存するだけならば受精卵を液体窒素の中に突っ込んでおけば良いだけなんじゃないかと映画を見ながら思った次第。

■デビルマン
スタートから10分で諦めに入り、20分で居た堪れなくなり、30分で限界に達し、映画館を後にしました。
内容が悪すぎて途中で席を立った映画は生まれて初めてです。(体調不良で出たのは一回ある)
いやー何が悪いって主人公がねー、演技が下手でねー。棒読みー。
あの台詞を延々と聞かされるのは拷問に近いのではないかと。
CGとかはまだ硬さはあるものの面白かったんだけど……。
いっそのこと、台詞が全部日本語じゃなくて全編字幕とかだった方がまだ見れたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【徒然】ディスプレイ不調

最近、ディスプレイに表示されるものが微妙に右側ににじみます。
特に白い背景に黒い文字だと顕著で、はっきり言って文字が読みにくいことこの上ありません。

んで、にじみ方に一定の特徴があるんですが、原因は何だろうなぁということで切り分けなぞを試みてみました。
疑われる要因
1.ディスプレイの故障
2.PC本体の映像出力の故障
3.ケーブルの故障
4.ケーブルが抜け架かっている

まぁ、一番簡単なのからということでケーブルの確認を。
しっかりはまっているように見えますが、まぁ一応はめ直してみましょう。
……いきなり直りました。

原因解明する気満々で準備までした私の努力は一体どこにやったら!(笑)
えーまぁ、なんか力を入れていた分すっぽ抜けですがな。

まぁいまディスプレイ買い替えとか言われても大変困るので簡単に直ったのは大変良いことなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】新作映画備忘録

公開中、またはこれから公開の映画で見たいものを備忘録としてあげておきます。
一応今からお正月くらいまでの期間対象です。
・「アイ,ロボット」公開中
  見たいのに見る機会がことごとく潰れていくんですが、日ごろの行いが悪いせいなんでしょうか…。

・「隠し剣 鬼の爪」10月30日公開
  前回、「たそがれ清兵衛」実損ねたので。

・「ハウルの動く城」11月20日公開
  2004年秋冬の大本命。
  週刊誌で木村拓哉の演技が叩かれていましたが、ハウル役が発表となった時点でそんなのは目に見えていたので何をいまさらというかなにやらかにやら。

・「スーパーサイズミー」2005年お正月映画
  マックのスーパーサイズを一ヶ月間に渡って食べ続けるとどうなるかというドキュメンタリー映画(笑)
  趣旨は真面目なようなんですが、公式見る限りお笑い系。

隠し剣 鬼の爪」と「ハウルの動く城」は東京国際映画祭のオープニング作品でもあるのですが、多分チケット取れないだろうなぁ。ハウルだけでも見たかったんですが。一応ぴあで狙ってみるだけは狙ってみますが。
ちなみにこの中でこっそりと楽しみにしているのは「スーパーサイズミー」です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】忍たま乱太郎

31~35巻が届きました。
注文してから24時間せんうちに届いたよ。すごいよamazon。
というわけで全巻そろったわけですが、感想としては1~10巻が真面目ながらも五里霧中、手探り状態。10~20巻が油が乗っている状態で、20~30巻が面白いながらもちょっと息切れ、30巻~はキャラ萌えに、という感じでした(爆)
いや、ファンサイトとかめぐっていると、団蔵萌えとか、兵太夫萌えとかのは組脇キャラ萌えを見かけて、正直「萌え…?」とか思っていたんですが、31巻以降を読むと本当に萌えだったのでちょっと笑いました。

とくに30巻以降は絵柄も変わってきたというか、線が細い感じに代わって来たのでなんとなく違和感があるというか。
一気読みなのに絵柄が気になるのって結構すごい代わり方しているんだと思うんですが、どうでしょうか。
個人的には18巻のオリエンテーション話が一番好きかなぁ。そのほかだと先生方VS事務VS生徒の異種格闘技戦とか。
ここ最近は生徒の掘り下げ話が多いようなので1年は組で一周したら元の忍術話に戻ってほしいなぁとか。上級生にまで行かれてしまうとおそらくもう戻ってこないと思うので。

そういえば、忍たま乱太郎が好きだといっているわりには理由を書いていなかったような気がするので、少し呟いておくと、「日本史」萌えで、「ゲリラ戦」燃えで、「武器」燃えという3拍子が揃った時点でハマる下地は十分だったわけで、さらに魔神英雄伝ワタル好きということで3等身キャラにもなじみがあるという状態だったため、今までハマっていなかったほうがある意味不思議という状態だったのではないかと。
あとは、なんとなく、巷説百物語の百介さんの声が原因であったような気が…いや、土井先生の声が(爆)
ちなみに贔屓なキャラは喜三太です。あのマイペースぶりを見ていると心が癒されます。あと金吾とかふぶ鬼とか。
主人公三名が入っていないあたりがひねくれているなぁと。
結局世界観とかが好きなので好きキャラというと主人公組みとは違うものが上がってくるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】ストレイトジャケット

現在発売中のヤングアニマル嵐で富士見ファンタジア文庫のストレイトジャケット(著:榊一郎)が西川秀明作画で漫画化したんですが、原作好きでかつ、西川ファンからしても微妙なコミカライズだったのではないかなぁと。

説明台詞がやたら多かったのと、原作のキャラと性格が違うことに違和感が……。
レイが魔族化した知り合い殺すのは原作でもやっているし、カペルは妙に感情出すようになっているし…。ネリンと警部はあれでOKですが。

原作知らないでいるならまだ良かったんでしょうが原作知っているからなぁ。
別の物だと割り切った方がよさそう。

読みきり予定だったと思うのでこの調子だったら続きは無くても良いかなぁとか。むう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アニメ】忍たま乱太郎 第1期DVD-BOX

うわー絵が古いー。流石は1993年放送開始。DVDの表紙等は今の絵柄なので結構ギャップがあります。

はまったのが最近なので第11期、第12期しか見ていないんですが、さすがに11年立っていても抑えるところは抑えているというか、確かに通じるところは残っている感じ。

しかし1年は組の中に見知らぬ顔が混じっているのはなぜなんだろう(笑)
というか数えたら12人いたりするんですが。(は組はスタート時点で9名、最終的に11名)
DVD-BOXの裏表紙はちゃんと今のメンバーなのに。

あと、「四方八方肘鉄砲」が第一話にしてすでに挿入歌になっていたあたりちょっと感動しました。

ちなみに朝日新聞社の原作漫画は30巻まで集めたので、残り5冊はamazonで一気に注文しましたー。
近くの書店で30巻までは揃っていたんですが、それ以降は飛び飛びだったので、送料無料になる単位で注文した方が良いなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】イラストに騙された○○

タイトルがアレですが、ようは好きなイラストレイターさんのお話。
私にしては大変珍しいことですが、最近イラスト買いしたライトノベルがありました。
富士見ファンタジアの「鞍馬天狗草紙」と電撃の「9S」。

この二つのシリーズどちらもイラストレイターが山本ヤマトさんです。サイトはこちら。

上記の2シリーズとも本屋の店頭で妙に引き付けられる磁場を感じて一週間くらい悩んで買っちゃったりしたんですが、決して見て萌えるとか心地よいとか言う絵ではなかったりします。(失礼)
好きな絵というのは、こう、不意に見たくなって取り出してきて見て悦に入るとかいう感じではないかと個人的に思っているわけですが、この絵に関してはそういうわけではなく、しかし本屋でライトノベルのコーナーで新刊をずらっと見ているとそこで目が留まってしまうという絵なわけです。
なのでサイトにお邪魔してギャラリーとかを見てもそれほど琴線に触れるというわけでもなく(本当に失礼)、ふーんという感じで見終わったわけですが、それでもやっぱり本屋の店先で絵を見たときには目が留まるのだろうなぁという感じで、これは一体何なんだろうか、と。

まぁ、好きだってことなんだろうなぁ。

ちなみに
富士見ファンタジアの「鞍馬天狗草紙」と電撃の「9S」について
○鞍馬天狗草紙/富士見ファンタジア文庫/成田 良美
何も分からないまま鞍馬天狗にならなければならなくなった少年がお付にどつかれながら天狗修行をしていく話。少年成長物のように見せかけているが、作者の愛情がお付の青年にあるように思えて仕方がない(笑)
1巻は腐女子が読むとホモ臭くて大変よろしかったです(良いのか)。
2巻は一般人が読んでもホモ臭いのでそれはいかがなものかと思います。
富士見ファンタジアで出るのはどことなく間違っているきがしないでもないです。女性向けレーベルで出るのなら納得できるんだけどなぁ。
2004年5月号のドラマガのに短編が載ったようですが、こっちは読んでいません。

○9S/電撃文庫/葉山 透
天才少女とぼんやりと殺人狂の二重人格持ちの少年による近未来SF小説。現在4巻まで。
せっかくの二重人格設定も少女の方の天才振りがすごすぎるので負けてしまっている気がしないでもない。
ちなみに無機物萌え者として、風間が好きです。後は由宇を筆頭にADEMの面々も好きだなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »