« 【小説:感想】エンジェル・ハウリング 10巻 / 秋田禎信 | トップページ | 【徒然】台風と地震の狭間。 »

【小説:徒然】RoomNo1301#3のあとがき

てっきり書いたと思って気を抜いていたら書いていなかったネタ(笑)
なぜ書き忘れていたのだろう。

というわけで、富士見ミステリー文庫、「RoomNo1301」3巻の後書きネタ。

とりあえず、あざの耕平好き(BBB1巻は当然読了済み)は何も言わずこの本の「後書き」を読むべし。
そして大笑いしたのちに、富士ミスの新井輝作品「後書き」を読んでにやにやするべし。
あざのファンとしては、楽しくて良いですよ。

そういえば、BLACK BLOOD BROTHERSの2巻(長編書き下ろし)が12月発売だそうです。ひゃっほう。

|

« 【小説:感想】エンジェル・ハウリング 10巻 / 秋田禎信 | トップページ | 【徒然】台風と地震の狭間。 »

あざの耕平 好きの馬鹿話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/1766930

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説:徒然】RoomNo1301#3のあとがき:

« 【小説:感想】エンジェル・ハウリング 10巻 / 秋田禎信 | トップページ | 【徒然】台風と地震の狭間。 »