« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の8件の投稿

【徒然】日々徒然

なんとなく、テレビでCMを見ていたらアメリカの地理と産業の勉強になるような気になったので桃太郎電鉄USAなどというものを買ってみました。
いや、それだけなんですけど。
あと、ついでに先日見つからなかったラ・ピュセルの二週目はじめましたも買って見ました。

それぞれやっている時間があるのか無いのかなぞなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:徒然】新作映画ネタ

備忘録代わりの映画ネタなどを。

博士の愛した数式 映画化
また、微妙に古いネタですが、小川洋子さんの小説、「博士の愛した数式 」が映画化だそうです。
原作の小説を読みましたが、いい具合にまったりとした泣ける小説でした。
この映画は結構楽しみ。

■コラテラル(公開中)
見に行きたいんですが、微妙にスケジュールに会わない映画。
トム・クルーズなのでそこそこ長く上映されると思うのでまぁタイミングが合ったときに。

■笑の大学
評判が良いので見ておこうかと。

■北の零年
予告編が気になったのでちょっと調べてみました。
……脚本が茄子真知子(デビルマンの脚本家)という時点で全てが終わっている気がしないでもないんですが、いかがなもんでしょうか……orz
もしこれで、北の零年もこけたら、東映は本当にどうしようもないと思うんですけど。
あぁ、調べてみたら、製作総指揮がデビルマンから綺麗にスライドしたらしいです。そらあかんわ……orz
とりあえず様子見してみて人様の評判を聞いてから見てみようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画:感想】隠し剣 鬼の爪

日曜日はこっそり映画を見ていました。
珍しく時代劇など。
最初に映画館に入ったときに誰もいなくて一人で映画を見る羽目になるんだろうかとちょっとドキドキしました。
まぁそのうち人が入ったので貸切状態は免れたのですが。20?30人は入っていたような…

以下ネタバレ。

続きを読む "【映画:感想】隠し剣 鬼の爪"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【アニメ:徒然】忍たま乱太郎 DVD-BOX2の未収録作品について

12/22に発売の忍たま乱太郎 DVD-BOX2ですが、未収録の作品が2話4作あります。

 26話A 危険な遠足 の段
 26話B 山賊兄弟 の段
 28話A ただのドケチじゃない の段
 28話B 学園長のワラ人形 の段

何が問題かというと、「26話B 山賊兄弟 の段」と「28話A ただのドケチじゃない の段」にそれぞれ人身売買ネタがあるとのこと。
とくに「28話A ただのドケチじゃない の段」はテーマそのものが「借金の形に都に連れて行かれる女の子を3人組(特にきり丸)が助ける話」だそうです。

私は最近はまった人間なのであいにく見たことはないのですが、Googleで検索した限りでは傑作とされる回らしく当時から大変評判が良かったようです。
でもネタがまずいということでアウト。再放送もされず封印されている状態だそうです。

でもまぁ見れないとなると見たくなるのが人情というもので、いろいろと検索して探したところ、そこここの図書館などで教育用の資料として保管されている例があるようです。
とりあえず見つけてみたページを紹介。
岡山県 美作視聴覚教育協議会 貸出映画フィルム,ビデオ・DVDソフト一覧表
山梨県 北巨摩市町村視聴覚ライブラリー
埼玉県民活動総合センター

上記の施設には確実にあると思うのですが、ほかにもいくつか怪しいのがちらほら。

子供向けの映画会なんかでも上映されることがあるようです。
しかし、テレビやDVDでの収録はまずくて上映会はOKということはレイティング的には

 PG-12:12歳未満(小学生以下)の鑑賞には成人保護者の同伴が適当。
 性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある映画がこの区分の対象になる。

くらいになるんでしょうか。

うーん、レイティング付きで良いから再放送不可になった回だけを集めたビデオとかDVDとか出してもらえないでしょうかね。

あと、A,Bで1話2作あるのに、片方が引っかかったからといってもう片方も未収録になるのどうにかなりませんかね。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】休日出勤

予定では1時間で終わる作業でした。
一応予備時間含めて2時間で終わらせる予定でした。
10時前に出社して、その時点ではすでに更新データが届いているので、後はプログラムの更新作業を行って、実行してデータが反映されたのを確認したら終了という段取りでした。

出社した時点でデータが来ていませんでした。(10:00)
プログラムの更新作業が終わった時点でもデータが来ませんでした。(11:00)
どうやら、大本のDBにデータ不備があったようです。なんで今頃になってそんなことに。
この時点で午後にならなければ元システムの復旧は無理、と言われてしまい、データが届くまで暇になってしまいました。(12:00)

「……駅前の博物館に遊びに行っても良いですか?」と聞いてみました。
あっさりOKが出てしまいました(爆)
というわけで大(oh)水木しげる展にれっつごー。(13:00)

ひとしきり見学して、グッズも購入して、さぁ帰ってきてみてみたら、まだデータが来ていませんでした。(16:00)

結局データが来たのは17:30になってからでした。
全終了時刻は18:00。

なんか、こー、予定していた事項はちゃんと行ったんですが、無駄に疲れたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】大(oh)水木しげる展

本日11月06日より2005年01月10日まで、江戸東京博物館、企画展示室で開催中。
というわけで行ってきました。
江戸東京博物館の企画展示室は始めていきました。

展示内容は水木しげる氏の人生の追っかけ、紙芝居から貸本を経て漫画までの一連の作品+妖怪物いくつかという感じでした。

私は水木しげるというと鬼太郎としか思いつかないようなぬるい人間だったのですが、貸本時代の膨大な作品を見ていると決して妖怪物だけの人ではないということが分かり反省しました。
時代劇物が結構多くてその点は驚いたんですが、確かに貸本時代は全体的に時代劇か戦争物が流行なんですよね。

後はいつ読んだのかは覚えていないのに、なんとなくアウトラインは覚えている作品がいくつかあって、こういうあたりが巨匠の巨匠たる辺りかと。
読んだ覚えが無いのに知っているというのはどこかで読んだということなんだろうけど、どこでだろう。
鬼太郎のハードカバー漫画くらいになるとは小学生低学年あたりに地域の児童図書館で読んだ覚えがあるんですが。

展示物の中には色々なものがあって、絵巻物の百鬼夜行図や、江戸時代の稲生物怪録の実物が展示してあってすごく得した気分になったのですが、中には色々と突っ込みたくなるものが多々ありました。
喜太郎の中に出てくる石臼とか、大砲とかが「個人 蔵」になっていたのですが、そんなでかいもの一体誰が所有しているっていうんですか。
展示のしかた自体が結構ネタを含んでいたりするのでこれ自体がすでにネタなのかもしれないのですが、素晴らしく突っ込みたくて仕方が無い物品でした。あれ、本当に個人蔵なんだとしたら誰がどうやってどういう風に作ったんだろう…。

後は鬼太郎ハウスが思っていたよりも小さい作りでした。
ちなみに鬼太郎ハウスとは別の小屋建ての鬼太郎の家は実物が小金井の江戸東京たてもの園にあるそうです。
あそこも一体なにを考えているんだろう…。

帰りにグッズ販売所があったので一通り冷やかし、江戸東京博物館限定という触れ込みの目玉のおやじマグカップとなんだか妙にツボに入った妖怪フィギアの天狗を購入してみました。

ところで、おそらく展示側の思惑とはまったく別のところでクリティカルヒットした物品が一つ。
東京 都民の日 カッパバッチ
か、可愛い!すさまじく可愛い!欲しい!けど1998年で配布終了ってそんな!
ちなみに私が生まれ育った地方県ではそういう催しは無かったように思います。
県庁所在地まで行けばまた何かやっていたのかもしれませんが、市町村じゃとてもとても。
いいなぁ、都民。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】鍋。

某さん宅でお鍋をいただきました。
大変おいしゅうございました。ご馳走様でした。
こんなにたくさんお肉を食べたのは久しぶりです。
あぁ肉だ肉だ。お肉がたくさん食べられた、とか、言っていたら一人暮らしをしている大学生が実家に帰ったときのようなことを言うんじゃないと諭されました。
駄目ですか、やっぱり。

あと、帰り際、階段を下りたところでやけに人懐っこい縞猫(首輪がついていあるあたりどこかの飼い猫)がいまして頭を撫でさせてくれたので、至福。
あぁ、猫だ猫だ。猫に触れた。噛むような仕草は見せたけど引っかかれも噛まれもしなかった。
というわけで、今日は大変良い日でした。

明日は休日出勤ー。午前中で終わる予定なので、体力が持ったら江戸東京博物館に大水木しげる展でも見に行こうかと。
体力が持たなかったら寝込む予定。まぁ大丈夫でしょう。肉も食べたし、猫も触ったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】風邪引き生活日々徒然

というわけで、相変わらず風邪引きさんです。
先週の木曜日あたりから調子が悪く、かれこれ一週間近く風邪引き状態です。

んで、すでに金曜日には病院にいったんですが、処方してもらったのが総合感冒薬と痰の薬。
まだ酷くない時期にわざわざ病院にまで行っているんだから、お願いだから抗生物質処方してよ、頼むよ先生。

というわけで、会社に貯めてあった、街頭でもらうティッシュペーパーの備蓄を全て使い果たした挙句に人様から鼻紙を恵んでもらう今日この頃。あぁ、もう、情けないったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »