« 【徒然】著作権モラル徒然 | トップページ | 【徒然】ブックマーク徒然 »

【小説:感想】召喚士マリア3 大空に憎しみを、白き翼に追憶を。 / 北沢慶

1巻の感想
2巻の感想

ネット通販していたのに、郵便が事故ったせいで読んだのが発売の10日以上後。
感想書こうと思っていたんですがついつい怠け、気がついたら発売から1ヶ月以上たっていました。
ライトノベルの感想なんて、これとあざのさんのくらいしか書いていないので、もうちょっと真面目に書きたいところです。

そういえば、バトルロワイアルの短編の方も読んでいるんですが、一応マリアは複数ヒロインに寄る萌え系作品としてカテゴライズすることが出来ると思っているんですが、
・真ん中にヒロインを配置(マリア)
・その隣に複数の男性キャラを配置(フレイム、アル)
・その男性キャラに付く形で新しいヒロインを配置(フリーダ、シャルロッテ)
という形で複数のヒロインを出す作品って結構珍しいのかもと思ったり。
あまり萌え系作品読んだことが無いので自信が無いんですけどね。

以下、ネタバレ。

口絵が!口絵が普通に戻っているよ!(参照:2巻口絵)
買うときにレジ行く前に口絵チェックしたのはきっと私だけではないはずだ。
買いやすくなったので良かったです。

■フリーダ
……純粋培養のお嬢様は怒らせると大変怖いものだなぁと。
フリーダ自体は純粋培養お嬢様なので、今後に期待ということでそんなに反感は無いキャラでした。
でもこれ17歳で矯正かかったから良いようなものの、このまま育ったとしたらさぞかし嫌なキャラになっただろうなぁと。
というかファルクスぼっちゃん再び。
そういえば、ファルクスって結構良いところのボンボン臭さがあったんですが、ルシアさんの血縁関係者ってまだ教皇庁に残っていたりするんでしょうか?
エルリク編で出なかったので、まさかマリア編で出るとは思えないんですが、それでも未だにルシアさんがらみの設定は気になっています。

■ナルニエルのナルはナルシズムのナル。
で、ノエルの話。
「うわー性質悪いなぁ、この天使ー」という感じで。
フレイム関係でも性質が悪いんですが、フリーダ関係でも性質が悪いという駄目っぷり。
ベルフェンディータとはまた違った方向性での悪女。
あのベル姉ちゃんだって、子供のころはまだ人を思いやる心はあったのに、ノエルはどうにもそういう雰囲気がなくてなぁ…。

そういえば北沢さんって主人公側のキャラはあまり殺さない人だと思っているんですが、ノエルがさっくり死んだところを見ると味方だと見做されていないんだろうなぁと。(そのうち復活するとかは言われていますが)

■フレイム
あー、フレイム良いキャラだなぁ。本当に良いキャラだなぁ。
でも女運は悪い(苦笑)

1巻、2巻でのはじけた言動の方が記憶に残るキャラでしたが、あれはマリア(たまにナナ)しか彼を認知する人がいないからであって、普通に喋ろうと思えばちゃんと喋れるということが分かっただけでも収穫でした(待て)
元天使だけだって、ちゃんと説教も出来るようだし。
ちなみに、ノエルの前でゲイをカミングアウトしなかったのは元カノへの思いやりであると思いたい。

そういえば、フレイムが女嫌いになった理由はノエル関係でよいと思うのですが、ゲイになった理由はそれとは無関係なところであって欲しいなと。
いや、「女に裏切られたせいでホモになりました」というのはどうにもヘタレ臭くて嫌だな、と。
フレイムには主体性と誇りを持ってゲイであって欲しいのですが、いかがなものでしょうか?
そして、富士見ファンタジアで「ノーマルな青年がゲイになる過程」を真面目に書かれるのは、もっといかがなものかと思ったり。
まぁ富士見Fも最近なんでもあり見たいだから大丈夫かしら。

4巻以降で気になるのは、ノエルとフレイムが助けた堕天使関係ですかね。

■マリア
なんというか、この子、周りから愛されて育ったんだろうなーという気がひしひしと。
そういえば設定からして「全ての魔物から愛される」なので、悪意を持って接しられたことがあんまり無いんじゃないかなぁと。
なので他人から向けられる悪意に対して、とことん鈍いのではないかと。
そしてそれの真逆として、好意に対しても、とことん鈍いっぽい。

ある意味、主人公として安定しているキャラなのかも。

ちなみに2巻の感想で気になっていたアルからの告白に対しても、全力スルーでしたとさ。がっくり。
そういえばフレイムとの会話での「昔はノーマルだった云々」で微妙にフラグが立っている気がするのは気のせいでしょうか?

■アルフレッド
今回地味ながらも、ところどころで活躍。
マリアに対しての往復ビンタは格好よかった。
でも、王子に対しての一言感想と、毛布関係は可愛かった(笑)

■ラストまとめ
マリア、アル、イオニア(他、ざっくんとナナ)のパーティは回復役がいなくてバランスが悪いなぁと思っていたんですが、今回フリーダが加わったのでバランスは良くなったのではないかと。
TRPGなら遠距離攻撃がもう1人くらいいても良いかと思いますが、まぁ召喚獣もいるのでこんなものかな。

ちなみに4巻で気になっているのは、フリーダが入ってきたので、とうとうマリアとアルの同室が終わるかどうかだったりするのは何か間違っているんでしょうか。


■ここから雑談。
えー、最近 遊戯王 デュエルモンスターズ GXとか見ているわけですが、感想書くために3巻読み返してみたらノリがGXとほぼ同じだったので笑っちゃいました。
とくにバトルロワイアル連載の学園物のほう。あのグダグダっぷりはもうどうにもこうにも。
まぁ妙にGXに似ていると思ってしまうのは、マリアの制服がオベリスク・ブルーの制服に似ているというのが一番の要因のような気がしますが。
そしてマリアがオベリスク・ブルーという時点でさらに笑いが…
(GX知らない人用の解説:GXに出てくるアカデミアは成績毎に寮が3つに分かれており、ブルーは一番成績が良い生徒の寮)

そういえば、マリアの衣装は可愛いので好きです。歴代のモンコレキャラの衣装の中で一番好きかもしれない。
エルリク(青年)の青いコートも好きだったので、基本的に青が好きなだけかもしれませんが。
そういえば、イエルの基本カラーは赤と黒だった気がするんですが、エルリクまではまだ赤が服に入っていましたが、マリアになると赤も黒も入らなくなっていますね。ファザコンなのに。

|

« 【徒然】著作権モラル徒然 | トップページ | 【徒然】ブックマーク徒然 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/4463041

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説:感想】召喚士マリア3 大空に憎しみを、白き翼に追憶を。 / 北沢慶:

« 【徒然】著作権モラル徒然 | トップページ | 【徒然】ブックマーク徒然 »