« 【徒然】恥っかき | トップページ | 【徒然】本読みぐだぐだ。 »

【映画:感想】ヒトラー〜最期の12日間〜

渋谷のシネマライズに見に行こうと思って、上映時間とかも調べていたんですが、ふと思い立って最寄の映画館のサイトを見てみたら、上映していました。

公式サイトにも、Yahooムービーにも載っていない上映ってなんなんでしょうか。

結局最寄の映画館で見ました。渋谷はどうしませう。チーム・アメリカ/ワールドポリスにしましょうかしら。

以下、ネタバレ感想です。


WW2終盤においてのドイツについての知識はあまりないので、映画を見てだけの感想です。

まぁ、なんというか、敗戦直前の国の人間がとる行動ってそんなに変わらないものなのだなぁと。
映画終盤でのドンチャカ騒ぎだの、自決だのには既視感を覚えるわけですが…。
いや、日本のドンチャカ騒ぎは開国前後のことですが。

この映画で印象に残るのは、エヴァ・ブラウンや、ゲッペルス夫人などの女性の強さです。
主人公は一応ユルグ嬢ですが、この二人の強さは輝いておりました。
いや、その輝き方はいかがなものかしらという突っ込みはあるにしても。

上にも書きましたが、私はWW2時のドイツ情勢についてはあまり詳しくないのですが、映画を見ていて感じるのは登場人物達のヒトラーに対する強い信頼でしょうか。
「心酔」ではなく、「信頼」。
特に女性に顕著なのですが、「ヒトラーならばなんとかしてくれるに違いない」という盲目的なまでの信頼。
(ま、ただ単にすがりついているだけという見方もありますが。)

映画内でのヒトラーはすでに敗戦が色濃くなっている状態から始まっているので、そこまでのカリスマ性は見出せないのですが、史実を元に作っている映画のため、その状態にいたるまでの経過というのに興味を持った次第。

でもあれだけすがりつかれた時にかかるストレスというのはいかほどの物なんでしょうか。
作中で数日の間にヒトラーはどんどん老けて行くんですが(また、このメイクがすごい)、独裁者の悲哀というか、プレッシャーを感じてすごいなと。

しかし、WW2終結60周年を前にして、ドイツが作った映画がこの「ヒトラー〜最期の12日間〜」で、日本が作った映画が「ローレライ」だったりするあたり、国民性が出ていて面白いと言ってしまって良いのやら、なにやら。
まぁ日本の場合はまだ「男たちの大和」が残っていますが。

そういえば、ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が作った「太陽」はどうなったんでしょうか…
週刊誌で「日本で公開する場合の契約金をふっかけられたので、配給会社がつかなかった」というところまでは知っているんですけど…。
どこぞの思想的に赤い単館系映画館がひっそり公開しないかしらとか思っていたんですが…
むう。

あと最後に一つ。
大人が自決を含めて死んだりするシーンはまだしも、子供が死ぬシーンはやっぱり見たくないですわ。
それは多分、どんな思想を持っていたとしても生き物として共通の感想だと思います。
たとえどんな理由だとしても、子供が死ぬのは痛いと思う。

追記:
映画内で「マイ・ヒューラー」という台詞が頻繁に出てきたのですが、「ヒューラー」は分かるものの、「マイ」が分からなかったので職場のドイツ帰国子女に聞いてみたら
「綴りはmeiだと思いますが、意味は分かりません。
古いドイツ語なので今は使われない言葉だと思います。
もしかしたら、何かの略語なのかもしれないですね」
ということでした。

よそのサイトを見る限りだと、映画内で使われている言葉は当時の古いドイツ語なのだそうです。
でもたかだか60年前の言葉が今わからないというのもいかがなものかと思ったんですが、ナチス関連なので、もしかしたら言葉狩りにあっているのかも。
知っている人いたら、教えてください。

さらに追記:
昨日の同僚がわざわざ調べてくれました。
で、「マイ」じゃなくて「マイン(Mein)」なんじゃないでしょうか?と言われました。

というわけで、普通に「私の総統」あるいは「我が総統」で良いみたいです。
なんだ、普通に考えればよかったのか(笑)

|

« 【徒然】恥っかき | トップページ | 【徒然】本読みぐだぐだ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/5356399

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画:感想】ヒトラー〜最期の12日間〜:

» ヒトラー最期の12日 [Happy happy tea time]
 2日連続で、帰ったら日付が変わる直前でした。 いくら忙しい時期とはいえ、恐ろしくキツいです。  さて、もう2日前になりますが、ようやく「ヒトラー最期の12日 」を観る事が出来ました。 各所で言われていますが、非常にすばらしい作品でした。 話の筋自体は、第3... [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 07:50

» 映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場におけるドイ..... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 06:55

» ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論 [ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG]
今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。 彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。 独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは・・ それでは感想を書きたいと思います。... [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 01:11

« 【徒然】恥っかき | トップページ | 【徒然】本読みぐだぐだ。 »