« 【映画:感想】ヒトラー〜最期の12日間〜 | トップページ | 【徒然】なんとなく理不尽。 »

【徒然】本読みぐだぐだ。

ヒトラーの映画を見たので、WW2時代のドイツ付きました。
で、本棚を漁っていたら、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」が出てきたので全5巻一気読み。
やっぱり手塚は面白いです。

アドルフに告ぐを一番最初に読んだのは確か、小学校の図書室でだったと思います。
5年生ぐらいの時に、ハードカバー版が4冊一気に入ってきた覚えがあります。
一緒に、藤子不二雄のSF漫画も入ってきたような覚えが…

あのえらくダークなSF集は子供心にインパクトがあったわけですが、当時あのやたらと黒くて重い漫画集を一体誰が購入したんだろう…あんまりそういうのを入荷しそうな先生が思い浮かばなかったりするわけですが…
そういえば、はだしのゲンも入っていたな。

今考えてみると、私が通っていた小学校の図書室はなかなか蔵書が揃っていたような気がします。
(これが中学になるといきなり本が少なくなった)

しかし、 C・S・ルイスは揃っていたのに、ミヒャエル・エンデとJ・R・トールキンは入っていなかった…
なんだか妙な偏り方している気もしなくもなく。
トールキンはともかく、エンデは入れておいても罰は当たらないと思うんですが、どうでしょうか。
(いや、どうでしょうとか言っても仕方がないんですけど)

そういえば、ついうっかり、民間防衛とか買ってみたりしたわけですが、スイスのイラストって可愛いですよねとか本の内容とはまったく違うところに感心していたりします。
本事態は文が横書きなので読みにくいなぁと思っているところです。

ぐだぐだだ。

|

« 【映画:感想】ヒトラー〜最期の12日間〜 | トップページ | 【徒然】なんとなく理不尽。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/5387961

この記事へのトラックバック一覧です: 【徒然】本読みぐだぐだ。:

« 【映画:感想】ヒトラー〜最期の12日間〜 | トップページ | 【徒然】なんとなく理不尽。 »