« 【徒然】占い徒然 | トップページ | 【徒然】自炊徒然 »

【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 4巻 倫敦舞曲 / あざの耕平

バカップル誕生編(笑)
長編1巻の感想
長編2巻の感想
長編3巻の感想

短編1巻の感想

木曜日は体調悪くて一日家にいたのに、黒猫のお兄ちゃんはピンポン鳴らさずにさっさと宅配BOXの中に入れて行ってくれて、受け取りが半日遅れて、あぁなんだかなぁな気分に。
bk1のToday宅配だからそれでも他に比べるとかなり早く読めているんですけれども。

以下、ネタばれです。


■へたれなジローさん、今回は人間なのでさらにへたれ。
ジローさん頑張ってはいると思うんだけど、さすがに吸血鬼にやられると人間は一撃で沈むからなぁ…
精神的にはともかく、肉体的にズタボロなジローさんってもしや始めて?と思ったら一巻冒頭がすごい状態だったことに思い至りました。ジローさんは毎回大変だ(笑)

そういえば、ジローさんは次郎さんなんだからお兄さんがいると思っていたんですけど、今回作中にその表現無かったですね。
居るとも居ないとも書かれて居なかったんで、そのうち出てくるかもしれませんが。
まぁ実際のところ、母方の祖父が出てきたからといってあの時代に長男を婚家が手放すとは思えないんですけど。
しかし、お祖父さんの名字も「望月」ということは戸籍上はお祖父さんの養子になっているんだろうかとか、そういうところばかり気になるのはどうにかした方が良いと自分でも思います。

■バカップル誕生
あーもう、いいよ、お前ら好きにやってくれよ、という感じで終わった二人ですが、本当にこのまんま100年過ごしたあげくに、転生してもノリはそんなに変らないという恐ろしさ(笑)
逆に言えば、もうこの時点で関係は出来上がってしまって、これ以上は変らないっぽい。成長しないとも言う。

■カーサ姐さん
最初にジローさんに出合ったのはアリスよりもカーサの方が先なんですね。4巻発売前はアリスの方が先なのかと思っていました。

上で書いた様に、アリスとジローには変化は無いんでしょうが、カーサの方がここからどんどん変っていったんだろうなと。
今回でカーサの出自が出てきたわけですが、あれだけ迫害されていれば『家族』が出来た時に傾倒するのも無理ないのかなと。
この辺りの展開についてはまだまだ先があると思うので、楽しみにしておきます。

■ミミコさん
なんか、あれ、勝てる気しないんだけど、大丈夫?

■その他
最初にページ開いて、西郷従道と山本権兵衛でおぉと思い、次の秋山真之で吹きだしました。
先日、日露戦争物語読んだばかりだったもので、あまりのタイミングの良さについ……。ちなみに私は兄の好古さんの方が好きです(爆)
しかし、クロウといい、真之といい、NHKでドラマ化する人物ばかり出てきているのは何なんでしょうか(笑)

冒頭の台詞には騙されました。てっきりジローさんの台詞なのかと思っていたら、アリス・イブの台詞だったとは。不覚。

「ぼく」と「わたし」の使い分けで、西新宿の煎餅屋さん!?と突っ込みいれておきます。
1巻でジローに血を吸われていたのは、始祖であるところのアリスなわけですね。
そういえばコタロウも血に従っているときは「わたし」なのかな。

イラストはジローさんの軍服よりも、カーサ姐さんの燕尾服の方が萌えでした。

■まとめ
バカップル恐るべし。
あと、ミミコさんは頑張れ。


■検索で来られた方へ。
カテゴリに「あざの耕平 好きの馬鹿話」がありますので、よろしければご笑覧ください。

|

« 【徒然】占い徒然 | トップページ | 【徒然】自炊徒然 »

あざの耕平 好きの馬鹿話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
「バカップル誕生」のくだりで、大きく頷いてしまいました。
 ああまで二人の絆を見せ付けられては、ミミコも苦労するとは思いますが、是非とも頑張って欲しいと思っております。
 今後、カーサの気持ちの変化、愛憎紙一重をどうやって描いてくれるのか、それも楽しみです。

投稿: MNO | 2005年12月 4日 (日) 23:41

To:MNOさま
こんにちは。
実はそちらのBlogは以前から検索で知っていたんですが、Blogのタイトルが似ているため、タイトルを見るたびにちょっとドキドキしました。
コメント&TBありがとうございます。

ミミコとジローの関係が最終的にどこに落ち着くのかは判らないんですが、ジローさんの行動原理は「賢者」がなによりも優先する、であってほしいです。
その上でラブコメする分にはかまわないんですが…
なんだか、私は夢見すぎている気がしないでもないですが。

次の巻からはまた特区内の話になると思いますが、また一区切り付いたところで、今度は香港編を今回のような番外でやって欲しいですね。カーサ関連や九龍関係が出てくることに期待しています。
しかしBBBはミミコ、カーサ、アリスのトリプルヒロインですがどのヒロインも濃くて良いですよね。今後が楽しみです。

投稿: とらま | 2005年12月 5日 (月) 00:14

>実はそちらのBlogは以前から検索で知っていたんですが

 ウワァありがとうございます。実はこちらも検索でちらちらお目にかかってました。確かに似てますよね(笑)
 ジローがなによりも賢者優先なのは既に「血」なのでそうだろうと思います。が、作者自ら「ライバル」と言っているぶん、ミミコに肩入れしたくなるんですよねー。この先も目が離せません。

投稿: MNO | 2005年12月18日 (日) 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/7222309

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 4巻 倫敦舞曲 / あざの耕平:

» BLACK BLOOD BROTHERS〈4〉 [愛があるから辛口批評!]
asin:4829117753:detail こういう物語にはよくある過去話ですが、さすが吸血鬼100年以上前の話です。 この物語の主要人物であるアリスとジローとカーサの邂逅を書いているのですが、それ以外にも、本編への伏線と、香港の戦いの伏線もあって楽しい限りです。 今まで疑問に思っていたピースが少しはまっていく感じが素敵ですが、まあ、なんて二人はラブラブなんでしょうねえ(苦笑) 戦闘シーンはさすがに主役の片割れが強いけどただの人間のため、激しくはなかったですが、そのぶん、ジローの内面が深く描けて... [続きを読む]

受信: 2005年12月 1日 (木) 09:06

» あざの耕平「BLACK BLOOD BROTHERS 4 ―倫敦舞曲―」 [徒然読書感想記]
あざの耕平「BLACK BLOOD BROTHERS 4 ―倫敦舞曲―」H17.11/富士見書房 富士見ファンタジア文庫  BBBも5冊目。3冊で第一章が終わり、SPが出て、今回第二章前のインターバル。ジローが吸血鬼になった時の、過去のお話です。ロンドンロンド。しゃれですか。  つい...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 4日 (日) 23:30

» Black Blood Brothers 4 倫敦舞曲 [書庫の片隅で]
 あざの耕平氏のBBB長編4巻を読了。あざのさん、酔余餐戯とか、倫敦舞曲とか面白いタイトルつけますね。  さて、今回は過去編。舞台は1895年のロンドン。アリス・イヴと望月次郎との出会いが描かれます。  重くなりがちな長編ですが、「セーワゲンジ」だの細かいネタでくすりと笑わせてくれました。  それから口絵。ジローさんが軍服だよぅ! 白い軍服だよぅ! 軍服スキーな久住のツボをつきまくりました。その当時は髪の毛短かったんですね、少なくとも今ほど伸びてはいないようで。  む、ということは... [続きを読む]

受信: 2005年12月15日 (木) 06:48

« 【徒然】占い徒然 | トップページ | 【徒然】自炊徒然 »