« 【あざの:徒然】りめジェネ その後 | トップページ | 【映画:感想】SAYURI »

【徒然】慶祝徒然

■「出た」って。
上は今朝、姉から来たメールのタイトル。
内容は出産したよーという内容。
さすがに、そのタイトルは如何な物かと思いますですよ。「出た」ってあんた。

まぁついうっかり早産しかけて一ヵ月半以上入院して延々と点滴を打っていた身としては、そう言いたくもなるのかもしれないけれども。
ちなみに、それでも予定日よりも1ヶ月近く早く産まれたそうです。
2400gの男の子だそうで。医者も看護婦もあきれるほどのスーパー安産だったとのこと。陣痛が始まってから1時間というのは早いんだろうなぁ…。
かくして、とうとう「おばちゃん」などと呼称される身分となりました。
しかし、私のボーナスが出る日に産まれてくるとはタイミングの良いお子様です。

■ボーナス
というわけで、賞与なわけですが。
お祝い事が3ヶ月連続であるので、それで終わりそう。
あとはDVDの支払いで終わりそう。

■冷たい。
ボーナスが出たのでちょっと気が大きくなったのでラーメン屋さんに言ってラーメンと手羽先餃子を注文。
おぉ、すごい太っ腹。手羽先餃子なんて飲み屋で出てくるのでない限り、年に一度食べるかどうかだ。

で、出てきたので手羽先を食べる。あれ?なんかぬるい感じ?
もう一口食べる。なんか、冷たい?
どうやら加熱足りていない様子。外周部はちゃんと暖かいのだけれども中が冷たい状態。
でもまぁ、それでも食べられるから良いか、と思いつつ3口目。凍っている。

うーん。冷たい手羽先餃子はまだ食べ物だと認識できるけど、凍っている手羽先餃子はさすがに食べ物ではないなぁ…。
とりあえずお店のお姉さんに訴えたらお詫びの上、取り替えてくれました。杏仁豆腐も付いてきました。

喜ぶべきか、悲しむべきか微妙なところ。

|

« 【あざの:徒然】りめジェネ その後 | トップページ | 【映画:感想】SAYURI »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「出た」はすごいセンスだなぁw
何はともあれおめでとうございます。

投稿: 2nd | 2005年12月12日 (月) 00:07

ありがとうございます。

ちなみに産まれたという連絡を受けて、急ぎ携帯に電話をしてみたところ、「ちょっと今は大変だから後から連絡するよ」と言われました。

後から確認してみたところ、私が電話をしたときお医者さんに縫合してもらっていた最中だったらしく…いや、そんなときに電話に出るなよというか、分娩室にまで携帯持ち込むなよというか。
えぇ、もうなんか、スーパー安産はスーパー安産なりに大変だった様子。
義兄が「車で30分のところに住んでいるのに、出産に立ち会えなかった」といって悲しんでいました。

陣痛が始まった時点ですでに2分間隔だった等など、突っ込みどころ満載の出産風景だったようです。

投稿: とらま | 2005年12月12日 (月) 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/7544066

この記事へのトラックバック一覧です: 【徒然】慶祝徒然:

« 【あざの:徒然】りめジェネ その後 | トップページ | 【映画:感想】SAYURI »