« 【徒然】慶賀徒然 その4 披露宴編 | トップページ | 【徒然】アクセス数 »

【徒然】慶賀徒然 その5 帰路編

新郎側親族、新婦側親族、ともにバスで帰るので、その準備を見守る。
ちなみに自分の方はとっとと荷物を東京に送る手続きをしました。

若夫婦はどうするの?と聞いてみたら京都一泊してから新居に移るとのこと。
結婚式がすんだから少しはゆっくりできるねーといってみたら、新郎さん曰く、檀家筋、同宗派のお寺さんへの挨拶周りなど、まだまだ忙しいとのこと。ごめん。まだまだ大変なんだね。
ちなみに、今年の大寒波で住居が雪に閉ざされているので、新婚旅行は暖かくなってからとのこと。日本海側は大変だ。

Hちゃん、花嫁さんとともに四方山話。その間、新郎さんはなんだかいろんなところを駆け巡っていました。大変だねぃ。

新居の方にも遊びに着てねといわれたので、出雲神社と水木しげるロードの目当てに行くよと返答。
ラクダに乗りに来いと言われました(笑)

Hちゃんが、それなら厳島神社も行きたいと言ったのですが、結構鳥取と広島は行き来が辛いなり。
山陽と山陰は近くに見えて山を越えなければいかんのよ、と回答。いや、厳島ももう一度行きたいんだけど。

そういう言っている間に、バス帰宅組みの準備も整い、切りが良いので、私も帰ることに。
若夫婦、おめでとう!お幸せにねー!

といわけで、ホテル近くのバス停にテクテク移動。京都駅行きのバスをホテルで聞いておいたので、迷わなかったんですが…着いたバスが超満員。マジですか?
でもまぁ、新幹線の時間も押し迫っていたので、乗車。結構いろんなところにガツガツあたったですよ。大きな荷物をホテルから送っておいて良かったですよ。
そしてバスの中でこういうものを見かけたので、満員なのに写真に撮ってみる(笑)

四条河原町を過ぎた辺りで座れたので後はボーっとしていましたが、京都駅がすぐそこに見えるのに、バス停に止まるまで5分くらいかかったような…夕方5時ごろという時間帯もあったんでしょうが、結構渋滞酷かった。

京都駅についたら、とりあえず緑の窓口によって、あと20分に迫っていた新幹線の予約していた席を1時間半後の便に変更。
目当ては手塚治虫ワールド!京都に着たからには一度はいかないと!

というわけで、手塚治虫ワールドに。シアターの券も買ってアイテムを物色。
あー、やっぱりアトムとBJは強いねー。写楽君とか、ロックとかのアイテムさっぱり無いなー。
オールドアトムのマグカップが可愛いから買おうかなーと思っている間にシアターの時間に。
で、シアターなんですが、お客が私しかいませんよ!?一人で貸し切りですか?!なんだかびびりながら視聴。
今月のシアターは「地球最後の日」と「信長」だったんですが、まぁなんというか、毒の無い手塚治虫作品に何の意味があるものか、と。良い子ばかりな作品に面白みなどありませんよ、と。
イマイチでした。

後は、お土産物を物色して、会社の人向けのお菓子を買ったり、自分用のお土産(地酒)を買ったり。ついうっかり、赤福を買ってみたり。ダイエット決意したんじゃなかったのか。

日曜日の夜22時半ごろに自宅に到着。密度の濃い二日間でした。
さすがに月曜日は全日死んでいましたねー。

というわけで、11月からの「3ヶ月短気集中 月刊祝い事」も今回で終了。

|

« 【徒然】慶賀徒然 その4 披露宴編 | トップページ | 【徒然】アクセス数 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旅の報告、お疲れ様でした。
知っている土地の旅報告は臨場感があっていいですね。
見る影も無く(?)立派になられた新郎様を一目拝見したかった(笑)。

投稿: みすと | 2006年1月12日 (木) 01:09

いえいえ、京都出身の方からするとぬるい観光をしているかと思います。
青蓮院にまで行って中を覗いていないとか(笑)
ちなみに未だに金閣寺に行っていないという日本人にあるまじき人間なので、そのうち見に行きたいと思っています。

新郎様は、そのうち水木しげるロードオフとか、鳥取砂丘にラクダに乗りに行こうオフとかやればお会いする機会もあるかと。まぁそうそう気軽に出歩ける機会もなかなか無くなってしまいましたけどね。いつかは行きたいですね。

投稿: とらま | 2006年1月13日 (金) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/8104173

この記事へのトラックバック一覧です: 【徒然】慶賀徒然 その5 帰路編:

« 【徒然】慶賀徒然 その4 披露宴編 | トップページ | 【徒然】アクセス数 »