« 【徒然】アクセス数 | トップページ | 【徒然】不味い »

【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 5巻 風雲急告 / あざの耕平

第二部スタート編。
つい先日、4巻が出たばかりの気がするんですが、この調子で3ヶ月毎に発売されると嬉しいかな?
でもその分、短編が出なくなりそうだ(笑)

既刊の感想は以下のリンクでどうぞ。
長編 1巻/2巻/3巻/4巻
短編 1巻

以下、ネタばれです。
前作のDクラッカーズのネタばれも含むので注意してください。


今回の主役は陣内部長。準主役はゼルマンという感じ。
登場人物が多いので、色々な動きがあったんですが、この二人のストーリーが飛びぬけていたかと。
その分、主人公がちと影が薄い。


■陣内部長について
今回の主役ー。
いや、部長格好よすぎですわ。惚れそうというか、惚れました(笑)
有能なのも、自分がするつもりだった仕事をミミコに先越されて微妙にすねているのも、昔馴染みと朝までどころか昼まで飲んでいるのも、尾根崎会長からライバル視されているのも良いですね。
親父万歳(笑)。

最初の「ボーナス査定用の覚書」で大笑いしていました。「腹芸だけで 云々」のところがお気に入り。そしてジローのページの「ああ、嫌だ嫌だ」に大うけ。
作中での「隠れて査定つけている」と相まって良い味だしていました。

ところで、この査定ページの後ろのイラストはDM連載の短編の方のやつですね。
今回の冒頭の「あれから一年〜」と「一年しか〜」の間にこのイラストが入ってくるのだと思うとなんだか感慨深いです。
そのうち草河さんのBBBイラスト集とか出てくれると嬉しいなぁと思いつつ見ていました。

■ゼルマンについて
前作のDクラッカーズの話になりますが、Dクラッカーズって「身近な人間に自殺されちゃった人」が主要人物の中に二人もいるんですよね。
で、バールはさておき、水原はそのことが「俺はあの時、何かできることがあったのではないか?」というコンプレックスになっていたわけで、Dクラは水原がそのコンプレックスを解消するまでのお話でもあると私は見ています。

で、翻って今回のゼルマン。
まだ死んでません。 まだやれることがあります。 だからサユカは頑張れ!
そういうお話なんだと思いました。
まぁ最終的にどう決着がつくのかは判りませんが、ゼルマンの願望が叶うのだとしたら、サユカが納得の行く物語が付けば良いなと思います。
叶わないなら、それが一番良いんですけど。

■主要3人組周り(ジロー、ミミコ、コタロウ)
今回ジローさんは地味でしたが、ミミコさんは頑張っていましたね。陣内さんから首にされちゃいましたけど。
ミミコさんと陣内部長は和解できるんでしょうかね。
陣内部長は裏からはフォローいれるでしょうけど、ミミコが判る範囲では手助けとかしなささそう。
短編でもなんでも良いので、ミミコさんと陣内さんの過去話とかが見たいです。

コタロウは今回よいところ無しですね。
バウワウ卿を取り上げられて、サブミッション極められて、友達になろうとしたら逃げられた、と。
まぁ今回は縁が出来ただけなので、次以降に期待。
あー、ところでこれって、幼馴染なんでしょうか。

■九龍姉弟妹
一番下が妹で萌えキャラだったらどうしようとか思っていました。予想的中(笑)
まぁライトノベルだしなぁ。ザザが判りやすい妹萌えお兄ちゃんキャラだったので大笑いしました。
でも末っ子がダンピールというのは予想外。つまりワインだけは生物学的な九龍王の娘なんですね。

これでまだ出てきていないのは8番目だけになったわけですが…あれだけ皆わかりやすいワイン萌えなんだから8番目も男かなぁと。まぁ妹でも良いんですけど。どちらにせよ楽しみにしておきます。

■あとがきについて
男は三十、四十越えてからが勝負ですよ!場合によっては五十、六十越えても良いですよ!渋親父万歳!

あー、でも富士見ファンタジアのターゲット層の年代からは外れて久しいので、私の意見はあまり参考にならないかも。

■その他
とうとうクロウが名前でさえも出てこなくなりました。orz
今までは名前だけでも出ていたんですけど…。

米軍がらみの話が今回出てきましたが、この「赤い牙」って米軍兵士を人為的に吸血鬼化したのか、豪王配下の吸血鬼で部隊を編成したのか、どちらなんでしょうか。
前者の場合はまだしも、後者の場合はいざというときの指揮系統権でもめそうだとちょっと思ってしまった。しかし前者の場合は文字通りのゾンビストー。そして「らすとばたりおーん」。


■検索で来られた方へ。
カテゴリに「あざの耕平 好きの馬鹿話」がありますので、よろしければご笑覧ください。

|

« 【徒然】アクセス数 | トップページ | 【徒然】不味い »

あざの耕平 好きの馬鹿話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/8747169

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説:感想】BLACK BLOOD BROTHERS 5巻 風雲急告 / あざの耕平:

» [あざの耕平] BLACK BLOOD BROTHERS 5 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告― [booklines.net]
銀刀が特区を訪れてから一年が過ぎたころ、お祝いでもしようかとあれこれ考えるミミコ。 仕事は忙しいけれど充実している。頼りになる仲間がいる。 そんなとき、吸血鬼と人間の上層部での会議で、衝撃の事実が発表...... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 12:44

» Black Blood Brothers 5  風雲告急 [書庫の片隅で]
 ふぃー、読んだ読んだ! 6巻マダー?  と言いたいくらい良かったです! BBB5巻。なによりも、本文1ページ、2ページのたった2文だけで「う、うわぁん('_',)」ってな感じ。1巻の時の「あの、うらぎりものめ」に続く、あざのんの扉マジック。回を追うごとに盛り上がりをみせております。あざのん万歳!  というわけで、後はネタばれ。  えー、今回、部長だの尾根崎さんだの張部長だの、オジサマ(というほどの歳でもないのかな? 35歳くらいまで?)がカッコいい! 特に陣内さん。 とある車の「私... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 21:26

» Black blood brothers (5) [愛があるから辛口批評!]
asin:4829117958:detail 短編ではまったりな本編ですが、長編はまったく息をつくことのできない急展開な出来事の連続となっています。 しかし、おじさん方凄すぎます、渋いです。ちょっと会長が保身に入っているのが残念ですが、陣内さんがその分輝いています。 しかし、これだけ濃いキャラが揃っているのに、やっぱり主人公のミミコが輝いています。 ドジっ娘のように見えますが、彼女はやはりできる子のようですね。 なんかとても不穏な状態なのですが、どうにかミミコがしてしまいそうな雰囲気があるんですが... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 16:00

» BLACK BLOOD BROTHERS 5/あざの耕平 [ラノベ365日]
BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告あざの 耕平 富士見書房 2006-02by G-Tools 【望月兄弟の上陸から一年がすぎた。それぞれ過ごした日々に思いをはせるも、平和は続かなかった。特区の誕生から孕んできた予兆がついに孵化する。】 あれか..... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 16:31

« 【徒然】アクセス数 | トップページ | 【徒然】不味い »