« 【あざの:徒然】あざの耕平好きに捧ぐ20の質問 | トップページ | 【徒然】オーダーミス »

【徒然】本屋徒然

高橋葉介の新刊が同時期に三冊も出たので、本屋に買いに行きました。
店頭でどうしても見つからなかったので、店員さん(女性)に聞いてみたところ、なぜかレジで清算していたお客さん(男性)に「高橋葉介の新刊ってどこですか?」と聞いたのにはビックリしました。
どうも店員の人が客として来ていた様子。

で、「新刊は、夢幻紳士(逢魔編)と、冒険活劇編と、学校怪談ですよね?」と何も見ずに聞かれたので、「あぁ、オタクだオタクだ。この人オタクだ(笑)」とか思いながら「はい、そうです」と良い笑顔で答えておきました。

結局、そこの本屋では冒険活劇編が無かったので、夢幻紳士と学校怪談を購入。
レジで2064円とか言われてちょっとビビリました。冒険活劇編が文庫ながら903円なので、トータルすると3000円近いんですよね。ちょっと辛いかも。

冒険活劇編は今まで手元に無かったので、これを機に集めようかと思っていますが、学校怪談はどうしようかな。少年チャンピオンコミック版全部持っているんですけど…いや、未収録作品目当てに買うけど(爆)


で、本を買った後、そこの本屋と同じフロアにあるコーヒーショップで買った本を読んでいたんですが、ふと隣の席のお姉さんも漫画読んでいるなぁと思い、目をやってみると、井原裕士さんの「魔界の門」でした。
私、自分以外で井原さんの漫画を読んでいる人を目撃したの初めてだと思います。
しかもドールマスターやサイレーンではなく、魔界の門という辺りがなんとも……。よっぽど話しかけてみようかと思ったんですが、話しかけてみるべきだったんでしょうか。

|

« 【あざの:徒然】あざの耕平好きに捧ぐ20の質問 | トップページ | 【徒然】オーダーミス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そこからです! そこからすべてはじまるです!
ソウルメイトは何も身近なところにいるとは限らないです!

投稿: ぺる | 2006年4月11日 (火) 01:07

いや、でもなんて言って話しかければよいか判らないじゃないですか!(笑)
でもなんだかこれから、お店で本を読んでいる人がいたら何を読んでいるのか確認するのがマイブームになりそうです(笑)

投稿: とらま | 2006年4月12日 (水) 02:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/9526663

この記事へのトラックバック一覧です: 【徒然】本屋徒然:

« 【あざの:徒然】あざの耕平好きに捧ぐ20の質問 | トップページ | 【徒然】オーダーミス »