« 【徒然】GW 島根編 | トップページ | 【感想】坂東玉三郎・鼓童「アマテラス」 »

【徒然】GW 鳥取編

20060516_01_1
GW編、最後。
そういえば、「因幡」って鳥取だったんですね。
大国主の神話からてっきり島根だと思っていました。

翌日、父は4時から起き出していました。
まぁ19時に寝ればなぁ……

色々と協議の結果、朝の7時に宿を出ることにして、支度。
布団の上で寝れたのは良いのだけれども、寝巻きも無ければ、ポットすらないという凄いお宿でございました…。さすがラスト1。

で、朝7時に出発。
私は鳥取で友達の家に泊めてもらう約束をしており、その待ち合わせが9時に駅。
2時間もあるので、どうするかという話になり、鳥取砂丘に行こうかという話も出たのですが、このあと友達と行くだろうからやめてくれということで、鳥取城跡に行くことに。

朝7時半に行った城跡は、展示物系の建物が全て閉まっておりました(当たり前)一応櫓跡までは上ってきましたが。
しかし、あそこ、お墓らしきものがあり、その脇に植えられているのがちょうど花が咲いていた椿の木で、通りがかったときに、いきなり花がボトリと落ちたりするとそりゃぁもう、びっくりします。椿って本当に凄い落ち方するんだなぁと。

一通り見て回ったので、鳥取駅へ。駅の中の喫茶店でモーニングを食べる。
9時過ぎに友人とその旦那さん(というか、文鳥さんとキーさん)が来たので、両親と別れて、文鳥さん宅へ。
……文鳥さん宅は、モノクロブタにまみれていました…。噂には聞いていたけど(笑)

速攻で翌日の飛行機のチケットを取らせてもらいました…。
またここでもラスト1でした。今回、そんなのばっかりか!

とりあえず、私の目的としては文鳥さんに大神を買わせるというのがあったので、ゲームショップへ。さぁ買えと言って買わせました。満足(笑)

その後、ゲームショップ隣のゲーセンでメダルゲームを1時間ばかり。
メダルゲームって日ごろ殆どやらないので、勝手が掴めなかったんですが、普段やらないことをやったので楽しかったです。

あと、モノクロブタの人形を取ってもらったり、太鼓の達人をやったり。

お昼は鳥取港にあるレストランへ。
さすが港の食堂、新鮮そうなんですが、えらい人ごみですよ?!
なんでこんなに人が?!昼前に行ったんですが、しばらく並んでやっと入りました。
で、刺身定食奢ってもらいました。わーい。
実家も含めて日本海側に一週間近くも居たのに、刺身食べたのこのときだけだったよ!(笑)
美味しかったです。

■浦富海岸・島めぐり遊覧船
ご飯を食べた後は遊覧船へ。昨日から遊覧船づいています。
港の後なので、近いのかと思っていたら、車で20分くらい走ったところでした。

遊覧船はだいたい40分くらいを掛けて近場の海岸をぐるっと回る感じ。
船の後ろデッキに陣取ったので海風が気持ちよかったというべきか、寒かったというべきか。
景色は綺麗だったんですけどね。花崗岩が主な地形だったので、よく水墨画で描かれる情景がそのまんま目の前に広がっていました。

戻ってきてからは遊覧船の乗り場で売られていたイカ墨ソフトクリームを試食。
普通にソフトクリームでしたが、手についたところが黒くなって擦った位では取れなかったあたり、本当にイカ墨。
噂によるとイカ墨カレーとかもあるらしいですが、すでに売り切れたらしく営業が終了していました。

■鳥取砂丘
本日のメインイベント(?)。
そしてGWに行っちゃいけない鳥取のメイン観光地。
地元民も見たことないというくらいのすごい渋滞でしたがなー。

どうにかこうにか車を止めて、リフトで砂丘へ。
100円均一でビーチサンダルを用意してもらっていたので、それを履いていきました。さすが地元民は用意が良いなぁと思ったり。

で、砂丘地の中で最大の高さを誇る「馬の背」という名前の丘(高さ48m)に挑戦。
なだらかなところから上りませうと言ったのに、最大傾斜で上らなければ意味が無いと言われて、上りましたとも!大変でしたとも!3歩上って1歩分沈むという感じ。
まぁ実は地元が全体的に砂地なので砂地で歩くのは懐かしかったんですが、大変だったー。

そして高いところに上ったら、ラピュタの台詞を言うのはお約束。

おうちに帰ってきた後は、文鳥さんが大神をやるのを後ろから冷やかしたり、再度ご飯を食べに出かけたり、戻ってきてから「カタンの開拓者」をやったり。

「……いや、なんで鳥取まで来てカタン?」
「旦那と2人だとカタンはできないから」

至言でした。

2回戦くらいやって、お風呂に入って就寝。

翌朝、早々に用意を済ましてしまい、空港に出かけるまでに30分ほど時間が空きました。

「どうする?」
「カタンでもやる?」
「またかい!」

もう一回やりました(笑)

時間ギリギリまでやって、空港へ。
今回の旅程では境港へはいけなかったんですが、鳥取空港で妖怪珈琲や親父汁なんかをみかけたので、満足です。というか、珈琲はまだしも「汁」とか書かれると飲む気がかなり失せます。怖いよう。

というわけで、鳥取に別れを告げ(文鳥さん、キーさんありがとう)、東京に帰還。
珍しくも充実したGWでした。就職してからGWにこれだけ遊んだのは初めてかも。

|

« 【徒然】GW 島根編 | トップページ | 【感想】坂東玉三郎・鼓童「アマテラス」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ、懐かしいお名前が二人はいってますね。
皆さんお元気そうなので結構なことです。

それにしても、久しぶりにあったとたんカタンとは、
さすが、キーさんですね(笑)

投稿: 無責任将軍 | 2006年5月28日 (日) 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46411/10089734

この記事へのトラックバック一覧です: 【徒然】GW 鳥取編:

» ウェルカム [アクパーラの行方]
昨日から今朝にかけて 高校からの友人の虎間さんが遊びにきてくれました。 親御さん [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 07:47

« 【徒然】GW 島根編 | トップページ | 【感想】坂東玉三郎・鼓童「アマテラス」 »