カテゴリー「白井恵理子」の9件の記事

【徒然】お薦め書籍

左側のサイドバーに表示している「お薦め書籍」ですが、BBB以外は夢幻紳士と黒の李氷という大変趣味に走ったラインナップとなっています。
というか、本当にこの手のキャラ好きだよね、私。

李氷と夢幻@冒険活劇編はキャラ被っていると昔から思っていました。
紗に構えている割には結構ガキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】白井恵理子ネタ

7月14日に、集英社・ホーム社から黒の李氷・夜話の文庫版が出ますー。ひゃっほい。

出来れば、李氷シリーズだけではなく、宮沢賢治のシリーズも完全版で文庫になって欲しいんですけど、角川ではなく集英社から出るあたりが不安なところ。
李氷が売れれば、賢治も出してくれるかしら…。

しかし、気になるのは、原稿データどこから持ってきたのかしら。もしや角川のコミック版からのコピー?orz

なにはともあれ、文庫版出版が嬉しいので、カテゴリに白井恵理子を追加しておきます。

続きを読む "【徒然】白井恵理子ネタ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【報告】白井恵理子さんの原稿流出について

ここ最近、検索ワード「白井恵理子」「原稿」で来ていらっしゃる人がいるようなので報告を兼ねて下にまとめておきます。

続きを読む "【報告】白井恵理子さんの原稿流出について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その4

10/13付けの記事
10/22付けの記事
10/26付けの記事の続き

潮出版にメール送付( ・・)ノ
上手く転がると良いな。

そういえば、明日(すでに今日か)は「我が竜を見よ」の発売日ですな。
実は今日(すでに昨日)の昼休みに秋葉にフライング狙いで行ってみたんですが
さすがに見つかりませんでした。
俺屍の時はフライングできたんですけどね。

とりあえず明日の昼休みに会社を抜け出して買いに行こうと思います。
ついでに「PS one Books 俺の屍を越えてゆけ」と「ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。」も買おうかと。
プレイしている時間無いって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その3

10/13付けの記事
10/22付けの記事の続き

とりあえず、落札してみました。
2chのスレッド経由で潮出版の連絡先も聞いたので連絡してみようと思います。むう。

しかし、「赤い風車」が9万円↑で、「死相船」が1万円↑って皆正直だ…(苦笑)

ところで、Yahooオークションでの出品者のコメントを引用。
>★その他に【黒の李永・夜話7 黒の紫禁城】、【賢治と水晶機関車】などなど多数原画、
>カラーイラストがございます。今後出品していきますので宜しくお願い致します。

一体、どれだけ流出したんだろう。orz
そして、「賢治と水晶機関車」がよもや単行本未収録作品なんじゃとか期待しているバカがここに。
(いや、確か単行本未収録の作品があったような気がするんだ、確か)

不謹慎で、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画】白井さんの漫画原稿流出その2

10/13付けの記事の続き。
現在、Yahooオークションに死相船の原稿が出ています。
とうとう李氷シリーズが出たか。orz

うー、本当にどうにかならないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然】Amazonのお話

9/16付けの記事で白井さんのコミックスのタイトルがAmazonで間違って登録されているので訂正依頼を出したということを書いたんですが、その後どうなったのかというと、
以前「黒の李永・夜話 (5)」
現在「黒の李永・夜話 (5) 鬼童子」

……依然として「李氷」の「氷(こおり)」が「永(ながい)」のまんまですがな。
どうやら修正依頼を副題だけだと勘違いされた様子。
違うよ、シリーズ名が思いっきり間違っているんだよ。
えぇっと、さらにもう一度修正依頼かけるのも結構気詰まりなんですが、どうしたものやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【驚愕】白井恵理子さんの漫画原稿流出

以前、オタク系の中で話題になったさくら出版の原稿流出事件というのがありました。こちらは幸い原稿の返却(ただし残っていた分のみ)という形で終結しています。

しかし、現在進行形で白井恵理子さんの漫画原稿がYahooオークションに出品されております(号泣)
ちなみに私が知ったのはつい先ほど。
情報元は少女漫画板@2chの白井恵理子スレッド
ということで、スレッド内容をまとめてみました。

○2004/10/03 23:42:40(レス番 436)
 少女漫画板の白井恵理子スレッドでヤフーオークションの情報が書き込まれる。

○04/10/05 15:37:00(レス番 446)
 スレッド住人が潮出版に問い合わせた内容を報告
 以下、一部引用(全文はスレッドを参照してください)
 >原稿は本人が流したものではなく、手違いであるとのこと。
 >白井さんもこの件を知ってらっしゃるそうで、大変頭を悩ましているそうです。
 >玄徳君をはじめ、その他の原稿は白井さんが厳重保管しているとか。
 
 >んで、何かあればメールでも手紙でも転送しますよ、と言ってくれました。

 446さんがYahooオークションに質問してみるとのこと。
 また、どうやら原稿の流出経路は身内らしい…とのこと。

○04/10/06 13:55:28(レス番 452)
 スレ住人が、オークションに入札。

○04/10/06 23:56:18(レス番 459)
 スレ住人以外が高値入札した様子

○04/10/07 00:19:48(レス番 468)
 オークション終了16500円

○04/10/10 15:43:43(レス番 474)
 新たに「春華宵綺譚」(「その日仙 境に龍ははおちて」収録)が出品される。
 
 出品元と思われる店を見つけたので、電話してみるも、連絡つかず。
 その後Yahooからも連絡なし。

○04/10/12 17:55:20(レス番 479)
 スレッド住人が出品者に問い合わせた内容を報告
 以下、引用
 >出品者さんのリアル店(?)、連絡先調べがつきますた
 >電話かけてみたら、あの生原稿は委託品だと言っていた
 >
 >なんかすごい転々と人手を渡ってオクにたどりついたらしい
 >このリサイクルショップに持ち込んだ人は、原稿の価値が
 >わからなくて、オクに出してついた値段で売ってくれと
 >言っているそうな
 >
 >持ち込んだ人に連絡を取って、どうせ売るんなら原作者に
 >値段交渉して売ってくれと伝えてほしいと言いますた
 >ダメ元で伝えるけどどうなるかはわからん、だそうです
 >
 >どこまで本当かわからないけど、白井さんが出せる金額で
 >買い戻せるといいなと思う
 >この際ついでだから、潮にもここを教えた方がいいんだろうか?
 >
 >それにしてもこのショップ、「そこまで思うんならファンが
 >落札したらいいじゃないですか?」と言いやがったよ
 >もうやってみて、届かなかった人もいるのにな

とりあえず、今のところはここまで、らしいです。
つい最近、ヤフオクのIDを取ったので、ウォッチリストには入れておきますが、最終的にはちゃんと白井さんの手元に戻りますように。

でもすでに一本か二本は流出しているんだよなぁ…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【漫画:徒然】白井恵理子さん話。

週刊少年チャンピオンの今週号のアクメツを読んで「天○博士だったらしょうがないよなぁ、だって天○博士だし」とか呟いて全てを許せそうになってしまった私。
だって、天○博士なんですよ?(だってとか言われてもなぁ)
まぁ、かく言う私も道路を愛していたりするのでなおさらそう思うのかもしれませんが。
ちなみに新幹線やリニアも愛しています。でも飛行機に対しての愛はイマイチ。

先日の乱太郎まとめ買いのためにAmazonの会員登録をしたので、以前から気になっていたとある漫画のタイトル間違いを指摘してみたりしました。Q&A:カタログの修正依頼について

タイトルで検索してもヒットしないから絶版になったのかと落ち込んでいたのに単なる登録間違いだったと気がついたときの情けなさといったら言葉にできません。
ちなみに白井恵理子さんの「黒の李氷シリーズ」です。
ついでに気になっていた副題がついていなかったのも修正依頼を出そうとしたんですが、李氷シリーズが実家にあるため分からず、副題を探すためにぐぐっていたら結構「黒の李氷シリーズ」が好きだというサイトを見かけて懐かしくも幸せな気分に陥ったりしました。
いやー、95年ごろのネット黎明期にgooや千里眼で検索しまくったときにはファンサイトなんてさっぱり無かったのにそこここで見かけるようになったので嬉しいやら、なにやら。

そして見つけた復活どっとこむの白井恵理子ページ
ストップ劉備くん と 李氷シリーズがお題となっていますが、個人的には「賢治と水晶機関車」の単行本未収録作品もまとめた再単行本化をお願いしたいところ。
まぁ、李氷シリーズですら、100票集まっていない状況では依頼出しても集まらないでしょうが……
そういえば、いつだったか「おじゃる丸」が映画化したときの角川の特集雑誌で描いていた漫画も単行本化しなかったなぁ。その後出た三国志4コマも潮出版から出ていたし。

しかしAmazonとかのデータって誰が打ち込んでいるんだろう。最近のはともかく、昔のはやっぱり紙ベースのデータを打ち込み屋さんが一生懸命電子データ化しているんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)