手前左側のテントが目立ちますが、一応目当てはその奥の遺跡のようなもの。ナショナル・モニュメントです。

ナポレオン戦争で戦没したスコットランド兵慰霊の為の国家記念碑で、ギリシャ建築目指して作ったようなのですが、途中で資金が尽きて放置された建物だそうです。
付いた渾名が「Edinburgh Disgrace」

戦没者慰霊碑の資金が途中で尽きたことが恥なのか、
資金の目処が立たないまま、建築しちゃったのが恥なのか、
恥だ恥だと言いながら、今にいたるまでそのままな辺りが恥なのか。

色々と考えましたが、まぁ、多分、全部恥なんだろうなぁ、と。

丁度行ったときが、エディンバラ国際フェステバルの最中だったため、都市中でお祭りやっている雰囲気で、手前左側もフェステバルに参加している劇団のテントだったようです。
街中いたるところで、大道芸や、演劇、ショー、公演などが開かれていました。